Rでウェブ解析:Google Search Consoleを操作!「searchConsoleR」パッケージ

Rの解析に役に立つ記事

ついに、RからSearch Consoleを操作できるパッケージが登場しました。Yahoo!もSSL化し検索キーワードの取得が難しくなった今こそ、役に立つのではないでしょうか。ブラウザからSearch Consoleの操作に違和感を感じていた方は、ぜひ利用してみてください。

本パッケージでは検索アナリティクスの取得だけではなく、サイトマップの操作やクロールエラーなどのデータ取得ができます。RとSearch Consoleの連携も「gar_auth」コマンドを実行するだけのお手軽仕様です。

本サイトのデータを取得してみると、Rに関する記事やシャーロットに関するクエリが多いですが、7月に放送が終了した「ダンジョンに出会いを求めているのは間違っているのだろうか」に関するクエリ数が日に日に増えていることがわかりました。2期はやらないのでしょうか。「ダンまち」名作です。

パッケージのバージョンは0.1.2。R version 3.2.1でコマンドを確認しています。


スポンサーリンク

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
#install.packages("googleAuthR")
install.packages("searchConsoleR")

実行コマンド

詳細はコマンド、パッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("googleAuthR")
library("searchConsoleR")

#グーグルアカウントの許可
#実行するとウェブブラウザが起動します
gar_auth()

#サーチコンソールで管理しているサイトの取得
sc_websites

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました