Rで解析:plot出力をグリグリ動かす「zoom」パッケージの紹介


plotコマンドによる出力を、グリグリ動かす「zoom」パッケージの紹介です。使い方がシンプルなので、とりあえず確認したい時に便利かと思います。

からだにいいものでは、プロットのインタラクティブ化に関するパッケージを紹介しています。参考までに、一覧の短縮URLを紹介します。

・からだにいいもの「インタラクティブ」で検索した結果
http://goo.gl/e3DTEG

操作の紹介に「youtube」へ動画をアップロードしてみました。動作の例として紹介します。

パッケージのバージョンは2.0.4。R version 3.2.2でコマンドを確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("zoom")

実行コマンド

詳細はコマンド、パッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("zoom")

#プロットをマウスで操作:session.zoomコマンド
#散布図
plot(rnorm(1000), rnorm(1000), pch = 17, col = "#00bfd4")
session.zoom()
#キーボードのescキーを押すとメニューが表示されます
#メニュー内容
#zoom in/out: 1
#move arround: 2
#zoom square: 3
#save: 6
#back to init: 9
#Exit: Enter

#参考,Baseのプロットコマンドであれば拡大できます
#箱ヒゲ図
#boxplot(1:100, 30:60, col = "#00bfd4")
#session.zoom()

#インタラクティブに拡大・縮小・移動が可能:zmコマンド
#マウスでの操作方法:
#スクロール:拡大,縮小
#左クリックでドラッグ:移動
#キーボードでの操作方法:
#Left/Right (h/l):左右に移動
#Up/Down (k/j)   :上下に移動
#+ or i / - or o :拡大・縮小
#L/H             :X軸側の拡大・縮小
#K/J             :Y軸側の拡大・縮小
#p               :ファイルに保存
#r               :初期表示
#s               :現在のX,Y軸範囲
plot(rnorm(1000), rnorm(1000), pch = 17, col = "#00bfd4")
zm() 

#倍率を指定して拡大:zoomplot.zoomコマンド
#倍率の指定:factオプション
#中心となる軸を指定:x,yオプション
plot(rnorm(1000), rnorm(1000), pch = 17, col = "#00bfd4")
zoomplot.zoom(fact = 4, x = 0, y = 0)

出力例

・注意、音が出ます。


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク