Rで解析:いろいろなデータ例を作成「generator」パッケージ


データ例の作成にsampleやlettersコマンドなどを利用し、数字や文字のデータを生成することがあります。しかし、システムのデバックでは、アットマークを含むメールアドレスや電話番号などのデータが必要なことが多いです。

メールアドレスや電話番号だけでなく、緯度軽度も生成できる「generator」パッケージを紹介します。システムのデバック軽減の役に立てばと思います。

パッケージのバージョンは0.1.0。R version 3.2.2でコマンドを確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("generator")

実行コマンド

詳細はコマンド、パッケージヘルプを確認してください。

#ライブラリの読み込み
library("generator")

#作成するデータ数を指定
n <- 3 #クレジットカードのダミーデータ:r_credit_card_numbersコマンド r_credit_card_numbers(n) [1] "5688-5865-2782-9134" "2185-7367-9957-3808" "9073-8324-7419-9779" #誕生日のダミーデータ:r_date_of_birthsコマンド #開始日を指定:startオプション #終了日を指定:endオプション r_date_of_births(n, start = as.Date("2010-01-01"), end = Sys.Date()) [1] "2013-07-04" "2011-04-19" "2011-02-14" #Emailアドレスのダミーデータ r_email_addresses(n) [1] "fkdclh@nrpyo.hju" "bg@em.mjc" "hdgyrk@yjwftxaic.xow" #名前のダミーデータ r_full_names(n) [1] "Grant Hauck" "Helaine Sipes" "Sandee Champlin" #ipアドレスのダミーデータ r_ipv4_addresses(n) [1] "98.91.59.108" "254.193.174.146" "253.89.54.121" #緯度のダミーデータ r_latitudes(n) [1] 89.279833 7.202032 72.474679 #経度のダミーデータ r_longitudes(n) [1] -152.05778 -42.07414 -173.33194 #国民識別番号のダミーデータ r_national_identification_numbers(n) [1] "917-65-9566" "607-89-2729" "349-20-8763" #電話番号のダミーデータ #市外局番をカッコで囲む:use_parenthesesオプション #番号をハイフンでつなげる:use_hyphensオプション #番号間に半角スペース:use_spacesオプション r_phone_numbers(n, use_parentheses = FALSE, use_hyphens = TRUE, use_spaces = FALSE) [1] "831-846-7645" "485-135-4835" "452-421-7321" [/code]


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク