Rで解析:ピクトグラムでデータを表現!「personograph」パッケージ


ピクトグラムは情報や避難口などの注意標識などで利用され、人や動物などの図で表現される絵文字の一種です。多くの人が共通に認識できる素晴らしい表現方法の1つだと思います。ヒト型ピクトグラムでデータを表現できるパッケージを紹介します。

本パッケージではヒト型ピクトグラムが11種類収録されています。種類は出力例に紹介しますので参考にしてください。

ピクトグラムと聞くと、生存戦略しましょうか!でおなじみの「輪るピングドラム」を何故か思い出します。絵柄がとっつきにくいかもしれませんが、非常にオススメのアニメです。

輪るピングドラムオフィシャルページ
http://penguindrum.jp/

本パッケージですが、バージョンアップでピクトグラムの種類が増えるようです。今後が楽しみなパッケージの一つです。

パッケージのバージョンは0.1.1。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("personograph")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("personograph")

###データ例の作成#####
TestData <- list(Yes = .45, No = .45, none = .1)
#色の設定
SetCol <- list(Yes = "#508352", No = "#7a1117", none = "#ece7f2")
########

#データのプロット:personographコマンド
#ピクトグラムのスタイル設定:icon.styleオプション
#11種類あります,スタイルは出力例を確認ください
#色の設定:colorsオプション;list形式で指定します
#ピクトグラムの総数を設定: n.iconsオプション
#並び順を指定:dimensionsオプション
personograph(TestData, icon.style = 4, colors = SetCol,
             n.icons = 100, dimensions = c(10, 10))

出力例

・personographコマンド
personograph

・ピクトグラムのスタイル一覧
personographicon


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク