Rでお遊び:初音ミク Mステ出演記念!「MIKUcolorData」の紹介


初音ミクは声優の藤田咲が起用された「バーチャルシンガー」の一人です。2007年の発売から既に8年経過していますが、その人気は健在です。そんな、初音ミクが本日放送のミュージックステーションに出演し歌を披露します。思わずカラーパレットを作ってしまいました。

初音ミクを開発している「クリプトン・フューチャー・メディア株式会社」は今年、設立20年の札幌市に本社を構える会社です。そのためか、新千歳空港や札幌雪まつりに散歩に行くと初音ミクをよく見かけます。札幌市と北海道を代表するキャラクターだと思います。

クリプトン社、設立20周年のご挨拶から抜粋を紹介します。

「・・・「顧客は首都圏に多いのになぜ札幌で設立したのか?」と良く聞かれます。これからネットがインフラとなって世界を瞬時に結ぶようになるだろうから、僕は札幌でできないことは無いと考えました。むしろ、その方が会社をネットに特化でき、ノウハウも溜まります。・・・」

全文はこちらから:http://www.crypton.co.jp/cfm/news/2015/07/21cfm20th

日々生まれ変わる、ウェブの可能性、コンピューターの可能性を信じた力強い言葉かと思います。初音ミクが広がった一つの言葉かと思います。また、初音ミクのソフトウェアは私のような初心者でも扱える素晴らしい仕組みかと思います。

MIKU

Rも日々新しいパッケージが登場しています。

パッケージを利用して、新しい発想が生まれて、何かの役に立てば。もしかすると役に立たないかも。そんなコンセプトで「からだにいいもの」では情報を発信しています。情報を元に「いろいろな妄想」や「今日はイマイチ」など、少しでも何か感じていただければと思います。

なお、初音ミクのミュージックステーション登場は本日17:00以降のようです。千本桜を披露するようですが、どのような演出が繰り広げられるのか。非常に楽しみです。

実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

ホームページ
http://www.crypton.co.jp/

所在地
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

MIKUcolorData.rdaファイルのダウンロード

下記よりダウンロードしてください。Rであれば、メニュー「ファイル」、「文書を開く」より、RStudioであればファイルをドラッグすることでrdaファイルを読み込むことができます。


カラーチャート

一覧画像と「DTパッケージ」で出力したテーブルを紹介します。
・一覧画像
MIKUColor

・「DTパッケージ」で出力したテーブル


実行コマンド

詳細はコメントを確認してください。

#Macで文字化け防止
par(family = "HiraKakuProN-W3")
#プロット準備
par(bg = "#2E2E2E")
par(mar = c(1, 1, 1, 1))

XColN <- 5 
YColN <- 6

plot(0, 0, type = "n", xlim = c(0, XColN), ylim = c(0, YColN), axes = FALSE, xlab = '', ylab = '')
#プロット位置の計算
XRange <- rep(1:XColN, YColN)
YRange <- rep(seq(YColN , 0, by = -1), each = XColN)

#プロット
for(n in seq(30)){

  rasterImage(as.raster(MIKUcolorData[n, 2]), XRange[n] - 1, YRange[n] - 1, XRange[n], YRange[n], interpolate = FALSE)
  text(XRange[n] - 0.95, YRange[n] - 1.1,
       labels = paste0("No:", n, "\n色名:", MIKUcolorData[n, 1], "\nCode:", MIKUcolorData[n, 2]),
       adj = c(0, -.5), cex = 0.6, col = "black")
  
}

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク