Rで解析:GoogleAnalyticsのレポートが簡単です。「marketeR」パッケージ


結果のファイルがどこに出力されるか不明でしたので、紹介を躊躇していました。やっと、判明しましたので紹介します。現在のバージョンも使用できますが、バグが治れば更に使い勝手が良いものになると思います。

パッケージヘルプやgithubの説明ページにはレポートのhtmlファイルとマークダウンのRmdファイルは作業フォルダに出力されるとあります。しかし実際は、パッケージのライブラリフォルダ、marketRフォルダのAutoReportフォルダ内に出力されます。

・githubパッケージページ
https://github.com/fmikaelian/marketeR

ディフォルト設定でRを使用されている方の出力先は以下となります。ユーザー名の箇所は自身の環境に合わせてください。

Windows:C:\Users\ユーザー名\Documents\R\win-library\3.2\marketeR\AutoReport

Mac:/Users/ユーザー名/Library/R/3.2/library/marketeR/AutoReport

また、本パッケージはpandocやknitパッケージを利用してマークダウン後にhtmlのレポートを作成します。手軽に環境を整えるためにも、RStudioから利用することをオススメします。一度、環境を整えてしまえば、大幅な作業効率の向上が望めます。

一部データを隠していますが、出力結果の画像を例に紹介します。

なお、利用に必要なGoogleAnalyticsのクライアントIDやクライアントシークレット、RStudioのインストール、マークダウンは下記の記事や書籍が参考になります。

・クライアントIDやクライアントシークレットの参考
 https://www.karada-good.net/rgoogleanalytics/googledevelopersconsole/
・RStudioのインストール参考
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-228/
・マークダウンを学ぶのにオススメの書籍

書籍名:ドキュメント・プレゼンテーション生成 (シリーズ Useful R 9)
著 者:高橋 康介
価 格:3,672
発売日:2014/06
出版社:共立出版

バージョンは0.1.0。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("marketeR")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージヘルプを確認してください。FaceBookのレポートも出力できるようですが、FaceBookを使用していないので紹介しません。また、実行時に必要なパッケージがないとエラーが表示された場合は、表示されたパッケージを追加してください。

#パッケージの読み込み
library("marketeR")

###解析準備:Google Analyticsとの連携設定#####
#クライアントIDを設定
client.id <- "クライアントID"
#クライアントシークレットを設定
client.secret <- "クライアントシークレット"
########

#トークンファイルの取得:Authコマンド
#注意:ここの引数名を変更するとコマンド実行にエラーとなります
token <- Auth(client.id, client.secret)

#トークンファイルの更新確認:ValidateTokenコマンド
#期限が切れている場合は新規に取得します。
ValidateToken(token)
Access Token successfully updated

#トークンファイルの保存:saveコマンド
#tcltkパッケージを利用
library("tcltk")
#保存場所を取得
SavwWd <- setwd(paste(as.character(tkchooseDirectory(title = "保存場所を選択"), sep = "", collapse ="")))
#保存
save(token, file = paste0(SavwWd, "/GA.Token"))

###参考:保存したトークンファイルの利用方法#####
#トークンファイルがあれば解析準備:Google Analyticsとの連携設定の操作は必要ありません
#パッケージの読み込み
library("marketeR")
library("tcltk")
#トークンファイルの読み込み
load(paste0(as.character(tkgetOpenFile(title = "GA.Tokenファイルを選択",
                                       filetypes = '{"GA.Tokenファイル" {".Token"}}',
                                       initialfile = c("*.Token")))))
#トークンファイルの更新確認
ValidateToken(token)
Access Token is valid
######

###レポートの出力コマンド#####
table.idの確認:GetProfilesコマンド
#Google Analyticsのプロファイルidとなります
GetProfiles(token)

#期間を指定しレポートを取得:AutoReportコマンド
#table.idにはGetProfilesコマンドで確認したidを入力
AutoReport(start.date = "2015-01-01", end.date = "2015-07-30", table.id = "ga:解析対象のid")

出力例

ダンまちの継続的な人気に驚きです。

result


アニメ「シャーロット」と夏休み効果で8月はアクセスが多かったです。少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク