Rで解析:作業をログに残しましょ。「luzlogr」パッケージ


Rでの作業はRStudioを利用するようにしています。突発的にRが落ちた場合でも、RStudioはそれまでの記録を保持していてくれる優秀なソフトです。でも、たまにサクッと全てが消えてしまいます。泡のように消えてしまいます。記録を取ることが大事です。

本パッケージは、作業ディレクトリに作業をテキスト形式のlogファイルに記録してくれます。便利なパッケージだと思います。ログファイルから作業を確認もできますので、パッケージヘルプをぜひとも確認してください。

紹介パッケージバージョンは0.2.0。windows11のR version 4.1.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("luzlogr")

実行コマンド

詳細はコメント、コマンドヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("luzlogr")

#作業ディレクトリにlogファイルを作成:openlogコマンド
logfile <- openlog("test.log")

#logファイルにメッセージを書き込み:printlogコマンド
printlog("メッセージ")
printlog(2*3)

#logファイルに書き込みを終了:closelogコマンド
#セッション情報を書き込む:sessionInfoオプション;TRUE/FALSE
closelog(sessionInfo = TRUE)

ログファイル内容

Sat Jan 15 07:47:19 2022  Opening test.log 
Sat Jan 15 07:47:19 2022  メッセージ 
Sat Jan 15 07:47:20 2022  6 
Sat Jan 15 07:47:20 2022  Closing test.log flags = 0 
-------
R version 4.1.2 (2021-11-01)
Platform: x86_64-w64-mingw32/x64 (64-bit)
Running under: Windows 10 x64 (build 22000)

Matrix products: default

locale:
[1] LC_COLLATE=Japanese_Japan.932  LC_CTYPE=Japanese_Japan.932   
[3] LC_MONETARY=Japanese_Japan.932 LC_NUMERIC=C                  
[5] LC_TIME=Japanese_Japan.932    

attached base packages:
[1] stats     graphics  grDevices utils     datasets  methods   base     

other attached packages:
[1] luzlogr_0.2.0

loaded via a namespace (and not attached):
[1] compiler_4.1.2   assertthat_0.2.1 tools_4.1.2  

少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク