Rで解析:ロジカルデータの新たな操作「batman」パッケージ


バットマンとその相棒「ロビン」にかけているのか?ろびん、ロビン、ロジカル?ロジカルデータの操作に使えそうなパッケージ紹介です。理論値、TRUEやYES以外にも、TRUEを返す値を指定することができます。

パッケージのバージョンは0.1.0。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("batman")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("batman")

#データの準備
logiData <- c("Yes","No", "N/A", "からだにいいもの")

#ロジカルデータに変換
#全てがNAで返される
as.logical(c("Yes","No","N/A"))
[1] NA NA NA

#batmanパッケージを利用してロジカルデータに変換:to_logicalコマンド
#TRUEを返す値を追加:custom_trueオプション
to_logical(c("Yes","No", "N/A", "からだにいいもの"), custom_true = c("からだにいいもの"))
[1] TRUE FALSE NA TRUE

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク