Rで解析:以上、以下、超えるに未満!データの操作「fancycut」パッケージ


指定した範囲のデータを母データから作成するのに便利なパッケージの紹介です。操作後のデータはuniqueコマンドなどで処理が必要な場合がありますが、大抵の場合は本パッケージの範囲で解決するかと思います。

パッケージバージョンは0.1.0。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("fancycut")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("fancycut")

###データの作成#####
TestData <- sample(1:10, 100, replace = TRUE) ######## #データラベル範囲の指定 #"("との組み合わせ;含まない #"["との組み合わせ;含む #下記例は4,6,7はラベル設定に該当しない intervals <- c("[1, 3]", "(4, 6)", "[8, 10]") #データラベルの設定 DataLabels <- c("Group1", "Group2", "Group3") #指定したデータ範囲,ラベルで処理:fancycutコマンド #下記例は4,6,7はラベル設定に"てすと"を指定 FcData <- fancycut(TestData, intervals = intervals, buckets = DataLabels, na.bucket = "てすと", unmatched.bucket = "てすと") #元データと結合 TeFcData <- data.frame(TestData, FcData) #内容の確認 #tableコマンド table(TeFcData) FcData TestData Group1 Group2 Group3 てすと 1 12 0 0 0 2 11 0 0 0 3 11 0 0 0 4 0 0 0 5 5 0 13 0 0 6 0 0 0 7 7 0 0 0 10 8 0 0 11 0 9 0 0 8 0 10 0 0 12 0 #xtabsコマンド xtabs(~TeFcData[, 2]) TeFcData[, 2] Group1 Group2 Group3 てすと 34 13 31 22 #図で確認 #Macで文字化け防止 par(family = "HiraKakuProN-W3") barplot(xtabs(~TeFcData[, 2]), ylab = "Frequency", col = c("#4b61ba", "#deb7a0", "#a87963", "black")) [/code]


出力例

図で確認
fancycut


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク