Rで解析:配色で悩んだら「viridisLite」パッケージ


「viridis」パッケージから色弱の方にも判断しやすいカラーパレットが作成できる「viridisコマンド」を抜き出したのが紹介する「viridisLite」パッケージです。「viridis」パッケージは過去に紹介したことがありますが、非常に重要なコマンドなので再度紹介です。

「viridis」パッケージ製作者、Stéfan van der Walt氏とNathaniel Smith氏によるSciPy 2015でのプレゼン模様

「viridis」パッケージの紹介はこちら
Rで解析:視認性の高いカラーパレットの1つです。「viridis」パッケージの紹介
https://www.karada-good.net/analyticsr/r-247/

実行コマンドで使用した、日本地図のプロットに便利な「Nippon」パッケージの紹介はこちら
Rで解析:日本語や日本地図などの操作にオススメ!「Nippon」パッケージの紹介
https://www.karada-good.net/analyticsr/r-125/

パッケージバージョンは0.1。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。「viridis」パッケージ関連、これで3回目です。非常に使いやすいです。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("viridisLite")
install.packages("Nippon")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("viridisLite")
library("Nippon")

#カラーパレットの作成:viridisコマンド
#option;"magma" (or "A"),"inferno" (or "B"),"plasma" (or "C"),"viridis" (or "D")
par(mfrow = c(2, 2))
n <- 20
VriOption <- c("A", "B", "C", "D")
for(i in 1:4){
  
  JapanPrefecturesMap(col = viridis(n, option = VriOption[i]), axes = FALSE,
                            main = paste0("Viridis Option = ", VriOption[i]))

}

出力例

viridisLite


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク