Rで解析:インタラクティブにカラーコードを取得「graphicsutils」パッケージ


グラフ描写に役に立つコマンドが収録されたパッケージかと思いましたが、内容を確認すると「インタラクティブにカラーパレットからカラーコードを取得できる」pickColorsコマンドが収録されていることに気がつきました。

pickColorsコマンド、大変便利だと思います。その他、矢印やドーナツプロット、円の描写の便利なのでぜひ試していただきたいパッケージです。plot0コマンド知りませんでした。

パッケージバージョンは1.1-0。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
library("devtools")
install_github("KevCaz/graphicsutils")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("graphicsutils")

#インタラクティブにカラーコードを取得:pickColorsコマンド
#scalesパッケージは下記を参照
#https://www.karada-good.net/analyticsr/r-109/
library("scales")
x <- seq(0, 1, length = 1024) RampVec <- seq_gradient_pal(c("#4b61ba", "#a87963", "#d9bb9c"))(x) pickColors(ramp = RampVec, nb_shades = 1024, rgb = FALSE, preview = FALSE) #矢印の描写:arrows2コマンド par(mfrow = c(1, 3)) plot(c(0, 10), c(0, 10), type = "n") arrows2(1, c(4, 6, 8), x1 = c(4, 6, 8), y1 = c(4, 6, 8), col = "#6e5f72", border = 1, lty = 1, lwd = 1, cex.hg = 1, cex.hh = 1, cex.sk = 1, pct.hw = .5) plot(c(0, 10), c(0, 10), type = "n", axes = FALSE, xlab = "", ylab = "") box() arrows2(1, c(4, 6, 8), x1 = c(4, 6, 8), y1 = c(4, 6, 8), col = "#4b61ba", border = 2, lty = 2, lwd = 8, cex.hg = 1, cex.hh = 1, cex.sk = 1, pct.hw = .5) plot0(c(0, 10), c(0, 10)) arrows2(1, c(4, 6, 8), x1 = c(4, 6, 8), y1 = c(4, 6, 8), col = "#685432", border = 3, lty = 1, lwd = 10, cex.hg = 1, cex.hh = 1, cex.sk = 1, pct.hw = .5) #円の描写:circleコマンド plot0(x = c(-2, 2), y = c(-2, 2), asp = 1) circle(x = c(-1, 1), c(1, 1, -1, -1), from = pi*seq(0.25, 1, by = 0.25), to = 1.25*pi, col = "#4b61ba", border = "#a87963", lwd = 14) #追加 circle(x = 0, radi = 1.3, from = 0.5*pi, to = 0.25*pi, col = "#d9bb9c", border = NULL) #ドーナツチャートの作成:donutコマンド par(mfrow = c(2, 2), mar = rep(2, 4)) donut(c(30, 20, 15), mycol = c("#4b61ba", "#a87963", "#d9bb9c")) donut(c(30, 20, 15), eaten = 0.2, mycol = c("#4b61ba", "#a87963", "#d9bb9c")) donut(c(30, 20, 15), eaten = 0.4, rot = 180, labels = paste("group", 1:3), lwd = 3, col = 8, mycol = c("#4b61ba", "#a87963", "#d9bb9c")) donut(c(30, 20, 15), eaten = 0.3, cx = 1, col = 4, width = .5, mycol = c("#4b61ba", "#a87963", "#d9bb9c"), density = 50, angle = c(20, 55, 110)) #プロット領域の枠を描写:frameitコマンド plot0() frameit(cex.x = 1.5, col = c("#4b61ba", "#a87963", "#d9bb9c"), border = 1) #画像ファイルのプロット:plotImageコマンド img <- png::readPNG(system.file("img", "Rlogo.png", package = "png"), native = TRUE) op <- par(no.readonly = TRUE) par(mfrow = c(4, 4), mar = rep(2, 4)) for (i in 1:16) plotImage(img) par(op) [/code]


出力例

pickColorsコマンドをぜひ実行して、インタラクティブな体験をどうぞ。

・pickColorsコマンド

・arrows2コマンド
arrows2

・circleコマンド
circle

・donutコマンド
donut

・frameitコマンド
frameit

・plotImageコマンド
plotImage


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク