Rとウェブ解析:NA値の取り扱いコマンドについて


欠損値を扱うコマンドの紹介です。たまに、データに欠損値であるNAが含まれていると処理がうまく行かない場合があります。


コマンド一覧

NA値を含むデータの作成
SampleData <- matrix(c(4, 7, 8, NA, 11, 15), 3, 2)

#NA値が含まれているかの確認にはis.naコマンドを使用します。
is.na(SampleData)

#NA値の数を確認するときはsumコマンドを使用します。
sum(is.na(SampleData))

#NA値の位置を確認するときはmatchコマンドを使用します。ベクトルでの位置を出力します。
match(NA, SampleData)

#NAを除いて処理するときはna.rm = TRUEオプションを使用します。na.rmオプションをもつかはhelpで確認してください。
sum(SampleData, na.rm = TRUE)

#NA値を置き換えるx[is.na(x)] <- yを使用します。
SampleData[is.na(SampleData)] <- 5
sum(SampleData, na.rm = TRUE) #5増えてます。
[1] 50

少しでも、ウェブや実験の解析が楽になりますように!!
もし、不明点がありましたらこちらからお問い合わせください。

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク