Rで解析:ランダムな2次元情報が欲しいなら「netgen」パッケージ

Rの解析に役に立つ記事

本パッケージにはランダムな2次元情報を持つポイントやクラスタの作成だけでなく、ポイント数が同じ一方のデータから他方のデータへ矢印を描写するコマンドも収録されています。何かの役に立つかもしれないので紹介します。

もちろん、作成したデータをcsvファイルで出力するコマンドも収録されています。

パッケージバージョンは1.2。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


スポンサーリンク

パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
devtools::install_github("jakobbossek/netgen")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("netgen")

#ランダムな2次元情報を持つポイントの作成:generateRandomNetworkコマンド
#ポイント数の設定:n.pointsオプション
GRN

出力例

・generateRandomNetworkコマンド
generateRandomNetwork

・generateClusteredNetworkコマンド
generateClusteredNetwork

・visualizePointMatchingコマンド
visualizePointMatching


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました