Rで解析:htmlテーブルの作成に便利な「formattable」パッケージ


htmlテーブルの作成とベクトルの体裁を整えるコマンドが収録されている「formattable」パッケージを紹介します。

インタラクティブなhtmlテーブルを作成する「DT」パッケージもオススメです。
・Rでウェブ解析:JavaScripのDataTablesがRから作成できます!「DTパッケージ」の紹介
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-107/

パッケージバージョンは0.1.5。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("formattable")

htmlテーブルを作成する実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

###データ例の作成#####
n <- 20 TestData <- data.frame(Group = sample(paste0("TEST", 1:5), n, replace = TRUE), Data1 = percent(sample(c(.15, .005, 1, .025, .35), n, replace = TRUE), digits = 1), Data2 = currency(sample(0:30, n, replace = TRUE) , symbol = "¥", digits = 0, format = "f", big.mark = ","), Data3 = sample(c("TRUE", "FALSE"), n, replace = TRUE)) ######## #htmlテーブルの作成:formattableコマンド #テーブルの体裁はlistで設定 #変数の範囲で指定した色で塗りつぶす:color_tileコマンド #変数の範囲でカラーバーを表示:color_barコマンド formattable(TestData, list(      Data1 = color_tile("#4b61ba", "#a87963"),      Data2 = color_bar("pink"),      Data3 = formatter("span",       style = x ~ ifelse(x == "TRUE",       style(color = "red", font.weight = "bold"), NA)))) [/code]


formattableコマンドの出力例


ベクトルの体裁を整える実行コマンド例

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

###データ例の作成#####
TestPerVec <- c(.15, .005, 1, .25, .35) TestAccVec <- c(0, 5000, 200, -150) ######## #数値配列のパーセント表示:percentコマンド PTestVec <- percent(TestPerVec, digits = 2) PTestVec [1] 15.00% 0.50% 100.00% 25.00% 35.00% #足し算:5%加える PTestVec + 0.05 [1] 20.00% 5.50% 105.00% 30.00% 40.00% #最小値を表示 min(PTestVec) [1] 0.50% #数値配列の会計表示:accountingコマンド ATestVec <- accounting(TestAccVec, digits = 0, format = "f", big.mark = ",") ATestVec [1] 0 5,000 200 (150) #足し算:1000加える ATestVec + 1000 [1] 1,000 6,000 1,200 850 #最小値を表示 min(ATestVec) [1] (150) #数値配列のシンボル付きの会計表示:currencyコマンド currency(TestAccVec, symbol = "¥", digits = 0, format = "f", big.mark = ",") [1] ¥0 ¥5,000 ¥200 ¥-150 #小数点の表示設定:digitsコマンド digits(1.23756, digits = 2) [1] 1.24 [/code]


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク