Rで解析:年月日時分秒のオブジェクトを整形するコマンドの例


年月日時分秒のオブジェクトを整形するコマンドの例です。pasteやpaste0コマンドと組み合わせて使うのが便利です。

実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


実行コマンド

詳細はコメント、コマンドのヘルプを確認してください。

#システムのタイムゾーンでdate-time classを作成
TestDateClass <- ISOdate(2015, 12, 18, 20, 7, 17, tz = Sys.timezone(location = TRUE)) TestDateClass [1] "2015-12-18 20:07:17 WIT" #classの確認 class(TestDateClass) [1] "POSIXct" "POSIXt" #date-time classの書式を整形 #西暦を取得:%y format(TestDateClass, "%y") [1] "15" #オプションを大文字にすると format(TestDateClass, "%Y") [1] "2015" #月を取得:%b format(TestDateClass, "%b") [1] "12" #オプションを大文字にすると format(TestDateClass, "%B") [1] "12月" #曜日と時間を取得:%c format(TestDateClass, "%c") [1] "金 12/18 20:07:17 2015" #曜日を取得:%a format(TestDateClass, "%a") [1] "金" #オプションを大文字にすると format(TestDateClass, "%A") [1] "金曜日" #数値で取得:%w format(TestDateClass, "%w") [1] "5" #月を取得:%m format(TestDateClass, "%m") [1] "12" #日を取得:%d format(TestDateClass, "%d") [1] "18" #24時間表示で時間を取得:%H format(TestDateClass, "%H") [1] "20" #12時間表示で時間を取得:%I format(TestDateClass, "%I") [1] "08" #午前/午後を取得:%p format(TestDateClass, "%p") [1] "PM" #分を取得:%M format(TestDateClass, "%M") [1] "07" #秒を取得:%S format(TestDateClass, "%S") [1] "17" #指定した日が元旦から何日目かを取得:%j format(TestDateClass, "%j") [1] "352" #指定した日が元旦から何週目かを取得 #月曜日を週初めとする:%W format(TestDateClass, "%W") [1] "50" #日曜日を週初めとする:%U format(TestDateClass, "%U") [1] "50" #paste0コマンドとの組み合わせ #うるう年は考慮していません format(TestDateClass, paste0("%B", "%d", "日です。", "今年はあと", 366-type.convert(format(TestDateClass, "%j")), "日で終了です。")) [1] "12月18日です。今年はあと14日で終了です。" [/code]


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク