Rで解析:D3.jsを利用したインタラクティブなプロットはどうでしょう?「functionplotR」パッケージ


D3.jsを利用したインタラクティブなプロットが可能なパッケージです。プロット内容はfnオプションで指定します。授業や教科書に載っている関数を理解するのに便利かと思います。

パッケージバージョンは0.0.1。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

2015/12/29 Kazutanさんより指摘があり、修正しました。ご指摘ありがとうございました。インストール方法を間違えるとはパッケージ紹介記事の意味がありません。

下記、コマンドを実行してください。

・間違い
install.packages(“functionplotR”)

・正しくはこちらです。

install.packages("devtools")
devtools::install_github("timelyportfolio/functionplotR")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("functionplotR")

#基本的なプロット:functionplotコマンド
#インタラクティブな拡大/縮小/移動:disableZoomオプション;TRUEで固定
#目盛り線の有無:gridオプション
#計算式の指定:fnオプション
functionplot(
  title = "TEST",
  disableZoom = TRUE,
  grid = TRUE,
  xLabel = "TEST X",
  yLabel = "TEST Y",
  fn = "x^2"
)

#ちょっと面白いプロット
functionplot(
  fn = "sin(exp(x))"
)

出力例

ちょっと面白いプロットは拡大/縮小が可能です。グリグリ動かしてみてください。

・基本的なプロット

・ちょっと面白いプロット


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク