Rで解析:色イロ参考になるかも?「shades」パッケージ


指定したカラーコードや名前のsRGB情報、彩度と明度の調整。そして、指定した段階のカラーパレットを作成するパッケージの紹介です。他のカラーパレット作成パッケージとしては「scales」が利用しやすいと思います。

参考:「scales」パッケージの紹介
https://www.karada-good.net/analyticsr/r-109/

パッケージバージョンは0.1。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
devtools::install_github("jonclayden/shades")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("shades")

#色の例
TestColor <- c("#d9bb9c", "#a87963", "#4b61ba")

#カラーコードのカラースペースを取得:shadeコマンド
shade(TestColor)
[1] "#d9bb9c" "#a87963" "#4b61ba"
attr(,"space")
[1] "sRGB"
attr(,"coords")
R         G         B
[1,] 0.8509804 0.7333333 0.6117647
[2,] 0.6588235 0.4745098 0.3882353
[3,] 0.2941176 0.3803922 0.7294118
attr(,"class")
[1] "shade"

#カラーコードをプロット:swatchコマンド
swatch(TestColor)

#彩度の取得と調整:saturationコマンド
#valueオプションNULLで彩度を取得
saturation(TestColor, values = NULL)
[1] 0.2811060 0.4107143 0.5967742
#彩度を指定してプロット
swatch(saturation(TestColor, values = 0.3))

#明度の取得と調整:brightnessコマンド
#valueオプションNULLで彩度を取得
brightness(TestColor, values = NULL)
[1] 0.8509804 0.6588235 0.7294118
#明度を指定してプロット
swatch(brightness(TestColor, values = 1))

#指定した間隔でグラデーションを作成:gradientコマンド
gradient(c("#d9bb9c", "#a87963", "#4b61ba"), steps = 4)
[1] "#D9BB9C" "#C9A589" "#B88F76" "#A87963" "#A87963" "#897180" "#6A699D" "#4B61BA"
attr(,"space")
[1] "sRGB"
attr(,"coords")
R         G         B
[1,] 0.8509804 0.7333333 0.6117647
[2,] 0.7869281 0.6470588 0.5372549
[3,] 0.7228758 0.5607843 0.4627451
[4,] 0.6588235 0.4745098 0.3882353
[5,] 0.6588235 0.4745098 0.3882353
[6,] 0.5372549 0.4431373 0.5019608
[7,] 0.4156863 0.4117647 0.6156863
[8,] 0.2941176 0.3803922 0.7294118
attr(,"class")
[1] "shade"
#プロット
swatch(gradient(c("#d9bb9c", "#a87963", "#4b61ba"), 4))

出力例

・swatchコマンド
swatch

・saturationコマンド
saturation

・brightnessコマンド
brightness

・gradientコマンド
gradien


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク