Rで解析:Sankey Plotに便利です「sankey」パッケージ


作業フローやKPIなどの描写に便利なSankey PlotやSankey Diagramと呼ばれる手法があります。データの準備に癖があるかもしれませんが有用な表現方法だと思います。

データ例の作成コマンドを紹介しますが、場合によってはmake_sankeyコマンドでエラーが出ます。その場合は何度かデータ例の作成コマンドを実行してください。エラーが出るデータと出ないデータを比較することで理解が深まるかと思います。

プロット体裁に必要な情報は表でまとめていますので参考にしてください。

パッケージバージョンは1.0.0。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("sankey")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("sankey")

###データ例の作成#####
n <- 15 #結合データを用意 #同じ長さの2つの配列 V1 <- sample(letters[1:24], n, replace = TRUE) V2 <- sample(letters[1:24], n, replace = TRUE) #配列からグラフ用のデータを作成 GraphText <- NULL for(i in seq(V1)){ GraphText <- paste(GraphText, V1[i], V2[i], "\n", sep = " ") } ######## #edge読み込みデータの作成 edges <- read.table(stringsAsFactors = FALSE, textConnection(GraphText)) #edgeデータの作成:make_sankeyコマンド PlotEdgeData <- make_sankey(edges = edges) #構造の確認 str(PlotEdgeData) List of 2 $ nodes:'data.frame': 16 obs. of 19 variables: ..$ id : chr [1:16] "a" "t" "p" "v" ... ..$ col : chr [1:16] "#2ca25f" "#2ca25f" "#2ca25f" "#2ca25f" ... ..$ shape : chr [1:16] "rectangle" "rectangle" "rectangle" "rectangle" ... ..$ lty : num [1:16] 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 ... ..$ srt : num [1:16] 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ... ..$ textcol: chr [1:16] "black" "black" "black" "black" ... ..$ label : chr [1:16] "a" "t" "p" "v" ... ..$ adjx : num [1:16] 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 ... ..$ adjy : num [1:16] 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 ... ..$ boxw : num [1:16] 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 ... ..$ cex : num [1:16] 0.7 0.7 0.7 0.7 0.7 0.7 0.7 0.7 0.7 0.7 ... ..$ size : num [1:16] 2 1 1 3 2 1 2 1 1 2 ... ..$ x : num [1:16] 0 0 0 0 0 1 1 1 1 1 ... ..$ bottom : num [1:16] -1.35 -6.05 -9.75 -13.45 -19.15 ... ..$ top : num [1:16] -3.35 -7.05 -10.75 -16.45 -21.15 ... ..$ center : num [1:16] -2.35 -6.55 -10.25 -14.95 -20.15 ... ..$ pos : num [1:16] 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 ... ..$ textx : num [1:16] -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 1 1 1 1 1 ... ..$ texty : num [1:16] -2.35 -6.55 -10.25 -14.95 -20.15 ... $ edges:'data.frame': 15 obs. of 6 variables: ..$ V1 : chr [1:15] "w" "w" "v" "v" ... ..$ V2 : chr [1:15] "e" "c" "c" "l" ... ..$ colorstyle: chr [1:15] "gradient" "gradient" "gradient" "gradient" ... ..$ curvestyle: chr [1:15] "sin" "sin" "sin" "sin" ... ..$ col : chr [1:15] "#99d8c9" "#99d8c9" "#99d8c9" "#99d8c9" ... ..$ weight : num [1:15] 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 ... - attr(*, "class")= chr [1:3] "sankey" "simplegraph_df" "simplegraph" #プロット:sankeyコマンド sankey(PlotEdgeData) ###グラフ体裁はedgeデータ内容を変更します######## #ノードの色を変更 PlotEdgeData$nodes$col <- ifelse(PlotEdgeData$nodes$id %in% c("a", "p", "v", "h"), "blue", "#2ca25f") #エッジの色を変更 PlotEdgeData$edges$col <- ifelse(PlotEdgeData$edges$V1 %in% c("a", "p", "v", "h"), "red", "yellow") #エッジの塗りつぶし方法を変更 PlotEdgeData$edges$colorstyle <- ifelse(PlotEdgeData$edges$V1 %in% c("a", "p", "v", "h"), "col", "gradient") #エッジの塗りつぶし方法を変更 PlotEdgeData$edges$curvestyle <- ifelse(PlotEdgeData$edges$V1 %in% c("a", "p", "v", "h"), "line", "sin") #プロット sankey(PlotEdgeData) [/code]


プロット体裁に必要な情報

適応パラメーター内容
nodescolノード色
nodessizeサイズ
nodesxx軸のプロット位置,0から始まります
nodesyy軸のプロット位置,0から始まります
nodesshaperectangle, point, invisibleが設定可能
nodeslty線の種類,基本plotと同じオプションが適応できます
nodessrtテキストラベルの角度
nodestextcolテキストラベルの色
nodeslabelラベル内容
nodesadjxラベルX位置の調整
nodesadjyラベルY位置の調整
nodesboxwノードの箱サイズ
nodescexラベルサイズ
edgescolorstyleエッジ塗りつぶし方法,col(単色),gradient(グラデーション)が設定可能,gradientはノードの色が適応されます
edgescurvestyleエッジスタイル,sin(カーブ),line(直線)が設定可能
edgescolエッジ色を指定

出力例

・sankeyコマンド
sankey
・体裁を変更してプロット
Csankey


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク