Rで解析:地球儀にデータを表示「globe」パッケージ


地図をプロットするパッケージは数多くありますが、地球規模のデータ表示に役に立つパッケージの紹介です。コマンド例では2015年に発生した台風26号の台風経路も合わせて紹介します。地味だけれども使いやすいパッケージかと思います。

なお、グーグルマップをRから利用・加工するには「RgoogleMaps」パッケージが便利です。
http://www.karada-good.net/analyticsr/r-244/

「globe」パッケージの出力をインタラクティブに拡大縮小する方法です。
https://www.karada-good.net/analyticsr/r-385/

パッケージバージョンは1.1-1。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("globe")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("globe")

#配列を緯度・軽度のリスト式に変換:ensurelonlatコマンド
#札幌駅の位置を指定
LonLatData <- ensurelonlat(c(141.21, 43.3)) #指定位置を中心にした地球儀をプロット:globeearthコマンド #表示位置の指定:eyeオプション;list(lon,lat)で指定するか,以下より選択 #‘nedlands’,‘curtin’,‘perth’,‘northpole’,‘southpole’,‘casey’,‘mawson’, #‘madrid’,‘aarhus’,‘aalborg’,‘newyorkcity’,‘titanic’,‘pyongyang’,‘everest’,‘kilimanjaro’ #頂点位置を指定:topオプション globeearth(eye = LonLatData, top = place("northpole")) #プロットした地球儀にシンボルを追加:globepointsコマンド #場所を指定:locオプション;matrixで指定 #baseのplotを利用しているのでplotのオプション使用が可能です #新千歳空港と羽田空港を指定 LocPoint <- t(matrix(c(141.40, 42.47, 139.46, 35.32), nrow = 2, ncol = 2)) globepoints(loc = LocPoint, eye = LonLatData, top = place("northpole"), col = "red", pch = 17) #プロットした地球儀に経線を追加:globedrawlatコマンド globedrawlat(lat = seq(-90, 90, 15)) #プロットした地球儀に緯線を追加:globedrawlongコマンド globedrawlong(lon = seq(-180,180,30)) #プロットした地球儀に線を追加:globearrowsコマンド #線の長さ:lenオプション globearrows(loc = LocPoint, eye = LonLatData, top = place("northpole"), col = "red", len = 3.5) #世界地図を描写:flatearthコマンド #図法を指定:projectionオプション;atlas:アトランティス図法,cylindrical:円筒図法 flatearth("atlas") #プロットした世界地図にシンボルを追加:flatpointsコマンド #オプションはglobepointsコマンドとほぼ同じです flatpoints(loc = LocPoint, col = "red", pch = 17) #参考:2015/11/17にこっそり発生した台風26の台風経路 TyphoonPoint <- t(matrix(c(163.6, 3.5, 162.5, 3.8, 161.3, 4.3, 159.8, 4.7, 158.3, 5.2, 157.2, 5.5, 155.7, 5.8, 154.7, 6.2, 153.8, 7.0, 152.7, 8.1, 151.4, 8.7, 150.4, 9.2, 149.4, 9.8, 148.7, 9.9, 147.5, 10.4, 146.0, 10.8, 144.4, 11.0, 142.9, 11.2, 141.4, 11.9, 139.6, 12.4, 137.9, 12.8, 136.6, 13.5, 135.2, 14.2, 133.9, 14.6, 132.8, 15.3, 132.0, 15.8, 131.6, 16.5, 131.5, 17.2, 131.7, 17.9, 132.0, 18.6, 132.9, 18.8, 132.9, 18.8, 133.7, 19.1, 134.5, 19.4, 135.1, 19.5, 135.9, 19.9, 136.7, 20.7, 137.7, 21.5, 138.5, 22.4, 139.8, 23.5, 141.8, 25.2, 144.5, 26.8, 147.4, 28.1, 150.4, 29.6), nrow = 2)) globeearth(eye = LonLatData, top = place("northpole")) globepoints(loc = TyphoonPoint, eye = LonLatData, top = place("northpole"), col = "#a87963", pch = 17) [/code]


出力例

・globeearthコマンドに点や緯線などを追加した例
globepoints

・flatearthコマンド
flatearth

・台風26の台風経路
TyphoonPoint


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク