Rで解析:GUI操作でggplot2のプロットが楽々作成「ggraptR」パッケージ


ggplot2のプロットをメニュー操作で作成可能なパッケージの紹介です。通常はコマンドで指定する体裁もメニュー操作で楽々です。また、データのマイニングやCSVファイルのインポートもメニュー操作で可能です。

なお、グラフはScatter、Line、Bar、Histgram、Density、Box、Pathの出力が可能です。

パッケージバージョンは0.1。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("ggraptR")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("ggraptR")

###データ例の作成#####
n <- 300
TestData <- data.frame(Group = sample(paste0("Group", 1:5), n, replace = TRUE),
                       Data1 = rnorm(n),
                       Data2 = rnorm(n) + rnorm(n) + rnorm(n),
                       Data3 = sample(0:1, n, replace = TRUE),
                       Data4 = sample(LETTERS[1:26], n, replace = TRUE))
#######

#shinyを起動:ggraptRコマンド
ggraptR()

メニュー内容

・Plotメニュー
ggrapyRPlot

・Tableメニュー
ggrapyRTable

・Importメニュー
ggrapyRImport

・作業例
ggrapyRPlot


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク