Rで解析:CSVファイルをまとめて読み込み「readbulk」パッケージ


指定したフォルダのCSVファイルをまとめて読み込むのに便利なパッケージの紹介です。読み込んだファイルはファイル名並びに列ごとにdata.frameに変換されます。

なお。実行コマンドでは「tcltk」パッケージを利用してGUIでフォルダを指定できるようにしています。Macで日本語を含むファイルはエラーが起きるかもしれません。windowsで問題がないパッケージは珍しいと思います。

パッケージバージョンは1.0.0。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("readbulk")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("readbulk")

#ファイルの読み込み:read_bulkコマンド
#サブフォルダの存在有無:subdirectoriesオプション
#既存のデータフレームにデータを追加する:dataオプション;data.frame名を指定
#文字列のみで構成されるデータを因子化:stringsAsFactorオプション;
#注意:TRUEで数字との混合データは文字が消去されます
#ファイルの読み込み
library("tcltk")
raw_data <- read_bulk(directory = paste(as.character(tkchooseDirectory(title = "フォルダを選択"), sep = "", collapse ="")),
                      subdirectories = FALSE,
                      data = NULL, stringsAsFactor = TRUE)

読み込みファイルと読み込み例

・読み込みファイル
readbulk

・読み込み
writeReadbulk


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク