Rでコマンド:思いつくままに、日常的によく使うコマンドの紹介


春が近いのでRを学び始める方が増える時期かと思います。思いつくままに日常的に使用するコマンドを紹介します。

あれがない、これがないという方は是非ともTwitterなどでつぶやいてはいかがでしょうか。誰かの役に立つはずです。

実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


実行コマンド

詳細はコメント、コマンドのヘルプを確認してください。

#パッケージのインストール
#CRANから:install.packagesコマンド
install.packages("パッケージ名")

#Githubから:「devtools」パッケージのinstall_githubコマンド
#githubのURL:https://github.com/search?utf8=%E2%9C%93&q=language%3AR&type=Repositories&ref=advsearch&l=R&l=
install.packages("devtools")
devtools::install_github("管理者名/パッケージ名")

#パッケージの読み込み:libraryコマンド
library("パッケージ名")

#配列からランダムにデータを取得:sampleコマンド
#例:重複ありで10個のアルファベットを取得する
sample(LETTERS[1:24], size = 10, replace = TRUE)
[1] "B" "G" "S" "E" "E" "G" "X" "H" "R" "E"

#データのクラスを確認する:classコマンド
class(LETTERS[1:24])
[1] "character"

#引数に値を格納:<- #数値以外にも文字なども格納できます x <- 1 x [1] 1 #文字データを結合する #pasteコマンド #例1;個別データを結合 paste("karada", 10, "いいもの", sep = " ") [1] "karada 10 いいもの" #例2;配列データを結合 paste(c("karada", 10, "いいもの"), collapse = ",") #paste0コマンド #例1;空白なく個別データを結合 paste0("karada", 10, "いいもの") [1] "karada10いいもの" #dataframeの作成:data.frameコマンド TestData <- data.frame(Data1 = 1:5, Data2 = 6:10) #内容確認 TestData Data1 Data2 1 1 6 2 2 7 3 3 8 4 4 9 5 5 10 #dataframeの列を選択 TestData[, 2] [1] 6 7 8 9 10 #dataframeの行を選択 TestData[2, ] Data1 Data2 2 2 7 #データの抽出:subsetコマンド subset(TestData, TestData[, 2] < 8) Data1 Data2 1 1 6 2 2 7 #データの抽出,列名を指定 #正規表現と組み合わせると便利 TestData[colnames(TestData) %in% "Data2"] Data2 1 6 2 7 3 8 4 9 5 10 #データの構造を確認:strコマンド str(TestData) 'data.frame': 5 obs. of 2 variables: $ Data1: int 1 2 3 4 5 $ Data2: int 6 7 8 9 10 #データ要約:summaryコマンド summary(TestData) Data1 Data2 Min. :1 Min. : 6 1st Qu.:2 1st Qu.: 7 Median :3 Median : 8 Mean :3 Mean : 8 3rd Qu.:4 3rd Qu.: 9 Max. :5 Max. :10 #列,行毎に処理:applyコマンド #MARGINオプションを1にすると列になります #mean以外にもsumなどのコマンドも可能です #またfunctionと組み合わせると使い勝手が広がります #例;行毎に処理 apply(TestData, MARGIN = 2, mean) Data1 Data2 3 8 #重複を単一化:uniqueコマンド unique(c(1, 1, 2, 2, 3, 3)) [1] 1 2 3 #ファイルを選択 #「tcltk」パッケージを利用 library("tcltk") paste0(as.character(tkgetOpenFile(title = "ファイルを選択", filetypes = '{"XXXXファイル" {".拡張子"}}', initialfile = c("*.拡張子")))) #フォルダを選択 #「tcltk」パッケージを利用 library("tcltk") paste(as.character(tkchooseDirectory(title = "フォルダを選択"), sep = "", collapse ="")) #NA値を除く:complete.caseコマンド #data.frameなどにも適応できます x <- c(1, 2, 3, NA, 5) x [1] 1 2 3 NA 5 x[complete.cases(x)] [1] 1 2 3 5 #使用環境のOSを取得 .Platform$OS.type [1] "unix" #作業フォルダを取得 getwd() #作業フォルダを設定 setwd() #繰り返し処理 for(n in 1:10){ show(1 + n) } [1] 2 [1] 3 [1] 4 [1] 5 [1] 6 [1] 7 [1] 8 [1] 9 [1] 10 [1] 11 #RStudioのURL #非常に便利な開発環境です https://www.rstudio.com/ #「文字列でRに命令」する方法:からだにいいもの記事 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-100/ #Rの使い方:からだにいいもの記事 Rのガイド:研究者も、社会人も、おねえさんも。とりあえず、みんなで使ってみませんか? https://www.karada-good.net/analyticsr/r-90/ #ggplot2:からだにいいもの記事 Rで解析:手軽で綺麗なグラフが欲しいなら、ggplot2のまとめです。 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-78/ #オススメのRの本:からだにいいもの記事 おすすめ!勝手にランキング:Rで解析するなら、ぜひ持っていてほしい書籍 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-8/ [/code] 少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク