Rで解析:色の管理に便利です「chroma」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

Rの作図だけじゃなく、プレゼンする際に悩むのが配色です。悩みの解決に役に立つかもしれないパッケージの紹介です。

使用した”#4b61ba”はダンまち「神様の例のヒモ」に近い色です。新作OVAの作成が決まったようですが、元気なヘスティア様がTVの2期で見れればと思います。2月21日の「神の感謝祭(ヘスティアパーティー)」のサプライズに期待です。

なお、プレゼン資料の配色に使えるかもしれないカラーコードの紹介です。

・Rでお遊び:プレゼン資料の配色に使えるかも?キャラクターの髪の色?
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-83/

パッケージバージョンは0.1。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
devtools::install_github("jiho/chroma")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("chroma")

#指定した色をプロット:show_colコマンド
#配列はx方向,","で区切るとy方向
show_col(c("#e1e6ea", "#505457"), c("#4b61ba", "#a87963"))

#彩度の調整:saturate,desaturateコマンド
#彩度の範囲:amountオプション;1-10
n <- "#4b61ba"
show_col(c(saturate(n, amount = 5), n, desaturate(n, amount = 5)))

#色チャンネルの取得:channelコマンド
#色モデルの指定:modelオプション;rgb,hsv,hsl,hcl,lch,lab,cmykの設定が可能です
channel(x = "#4b61ba", model = "rgb", channel = "g")
g
97

#CMYKを入力しカラーコードを取得:cmykコマンド
cmyk(c = .3, m = .2, y = 0.6, k = 0.1)
[1] "#a1b85c"
#色の確認
show_col("#a1b85c")

#色温度で表示:color_temperatureコマンド
show_col(color_temperature(5200))

出力例

・show_colコマンド
show_col

・saturate,desaturateコマンド
saturate,desaturate

・cmykコマンド
cmyk

・color_temperatureコマンド
color_temperature


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!リリカル・アーデのねんどろいど、発売されますように。

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク