Rで解析:インタラクティブなレーダーチャートはいかが?「radarchart」パッケージ


Chart.jsを利用してインタラクティブなレーダーチャートを作成するパッケージの紹介です。レーダーチャートは要素を比較するのに便利だと思います。散布図や箱ひげ図と一緒に利用してはいかがでしょうか。

パッケージバージョンは0.1.1。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("radarchart")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("radarchart")

###データ例の作成#####
n <- 50 TestData <- data.frame(Group = sample(paste0("Group", 1:5), n, replace = TRUE), Data1 = runif(n, min = 0, max = 8), Data2 = sample(c(0, 1), n, replace = TRUE), Data3 = runif(n, min = 0, max = 5), Data4 = runif(n, min = 0, max = 2), Data5 = runif(n, min = 0, max = 10)) #レーダーチャート用に変換 chartData <- aggregate(TestData[, 2:ncol(TestData)], list(TestData[, 1]), mean) #桁体裁を整える chartData[, 2:6] <- round(chartData[, 2:6], 2) #内容の確認 chartData  Group.1 Data1 Data2 Data3 Data4 Data5 1 Group1 4.63 0.58 2.49 1.16 2.86 2 Group2 3.78 0.43 2.55 0.96 4.85 3 Group3 4.15 0.57 3.55 0.55 6.33 4 Group4 3.90 0.57 3.81 1.04 5.04 5 Group5 4.46 0.30 1.75 1.29 4.64 ######## #インタラクティブなレーダーチャートを作成:chartJSRadarコマンド #最大値の指定:maxScaleオプション;NULLで自動指定 #最少値の指定:scaleStartValueオプション #ラベルの大きさ:labelSizeオプション #シンボルの表示:addDotsオプション #塗りの透明度:polyAlphaオプション #線の透明度:lineAlphaオプション chartJSRadar(scores = chartData, maxScale = NULL, scaleStartValue = 0, labelSize = 18, addDots = TRUE, polyAlpha = 0.2, lineAlpha = 0.8) [/code]


出力例

カーソルを図に合わせることで各ポイントのデータが表示されます。

インタラクティブなレーダーチャートは下記URLをクリックしてください。
https://www.karada-good.net/wp/wp-content/uploads/2016/02/radarchart.html


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク