Rで解析:forコマンド処理の管理にとっても便利です「magicfor」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

forコマンドの処理毎の結果をlist、data.frameまたはvectorに保存するパッケージです。特にlistに保存する「magic_result」コマンドがオススメです。

手間がかからず思い通りにデータを操ることができるので、思わず笑みがこぼれてしまいます。

使用方法はforコマンドの処理内容を「magic_for」コマンドと「magic_result」「magic_result_as_dataframe」「magic_result_as_vector」のいずれかのコマンドで囲うだけです。

<例>

magic_for()

forコマンドの処理内容

magic_result() or magic_result_as_dataframe() or magic_result_as_vector()

非常に便利なパッケージです。「magic_for」コマンドの内容を確認するだけでも参考になります。

・magicforのGitHub
https://github.com/hoxo-m/magicfor

パッケージバージョンは0.0.0.9000。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
devtools::install_github("hoxo-m/magicfor")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("magicfor")

###データ例の作成#####
n <- 100 TestData <- data.frame(Group = sample(paste0("Group", 1:5), n, replace = TRUE), Data1 = rnorm(n), Data2 = rnorm(n) + rnorm(n) + rnorm(n), Data3 = sample(1:5, n, replace = TRUE), Data4 = sample(LETTERS[1:26], n, replace = TRUE)) ####### #forコマンド前に実行:magic_forコマンド magic_for() #処理 for(i in seq(unique(TestData[, 4]))) { #Data3の数値でTestDataを抽出 Data <- subset(TestData, TestData[, 4] == i) print(Data)   #Data4の文字でTestDataを抽出 #抽出内容を作成 ExCharData <- sample(LETTERS[1:26], i, replace = TRUE) print(ExCharData) #抽出 Char <- subset(TestData, TestData[, 5] %in% ExCharData) print(Char) } #listで結果を取得:magic_resultコマンド TestResult <- magic_result() #内容を確認 str(TestResult) List of 3 $ Data :List of 5 ..$ :'data.frame': 26 obs. of 5 variables: #省略 $ ExCharData:List of 5 ..$ : chr "T" #省略 $ Char :List of 5 ..$ :'data.frame': 7 obs. of 5 variables: #data.frameで結果を取得:magic_result_as_dataframeコマンド TestResultDF <- magic_result_as_dataframe() #内容を確認 TestResultDF  i Data ExCharData Char 1 1 c(2, 1, .... T c(4, 1, .... 2 2 c(1, 5, .... K, H c(4, 5, .... 3 3 c(2, 2, .... R, D, E c(1, 5, .... 4 4 c(1, 3, .... J, D, R, C c(1, 5, .... 5 5 c(5, 4, .... E, O, O,.... c(2, 5, .... #vectorで結果を取得してlistに格納:magic_result_as_vectorコマンド TestResultVec <- magic_result_as_vector() str(TestResultVec) List of 3 $ Data : Named num [1:500] 2 1 2 3 5 1 3 2 1 2 ... ..- attr(*, "names")= chr [1:500] "Group1" "Group2" "Group3" "Group4" ... $ ExCharData: chr [1:15] "T" "K" "H" "R" ... $ Char : Named num [1:335] 4 1 5 3 2 ... ..- attr(*, "names")= chr [1:335] "Group1" "Group2" "Group3" "Group4" ... [/code]


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク