Rで解析:データ内容をブラウザで確認「condformat」パッケージ


data.frameの内容をブラウザで表示するパッケージの紹介です。条件を指定することで色の塗り分けが可能です。データの特性を把握するのに便利かと思います。本解析の前に利用してはいかがでしょうか。

パッケージバージョンは0.5.0。実行コマンドはwindows 10のR version 3.3.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
devtools::install_github("zeehio/condformat")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("condformat")

###データ例の作成#####
n <- 30 TestData <- data.frame(Group = sample(paste0("Group", 1:5), n, replace = TRUE), Data1 = round(rnorm(n), 2), Data2 = round(rnorm(n) + rnorm(n) + rnorm(n), 2), Data3 = sample(LETTERS[1:26], n, replace = TRUE)) ####### #データをcondformat_tbl classに変換:condformatコマンド GetConTbl <- condformat(TestData) #condformat_tbl classをブラウザで表示:condformat2widgetコマンド condformat2widget(GetConTbl) #指定したcolumnsのセルを条件で塗り分け:rule_fill_discreteコマンド #例えばData3の1のみを塗りつぶす #condformat_tbl classと組み合わせて使用します #データを指定:columnsオプション #条件の指定:expressionオプション #色の指定:coloursオプション #ポイントはcoloursオプションに条件式を設定することです condformat2widget(GetConTbl + rule_fill_discrete(columns = Group, expression = Group == "Group3", colours = c("TRUE" = "#4b61ba", "FALSE" = "#ddd5fa"))) #列の内容でグラデーションで塗りつぶす:rule_fill_gradient2コマンド #色の設定:low,mid,highオプション condformat2widget(GetConTbl + rule_fill_gradient2(columns = Data1, low = "#4b61ba", mid = "white", high = "#a87963")) ###紹介コマンドを全部適応##### TestHTML <- GetConTbl + rule_fill_discrete(columns = Group, expression = Group == "Group3", colours = c("TRUE" = "#4b61ba", "FALSE" = "#ddd5fa")) + rule_fill_gradient2(columns = Data1, low = "#4b61ba", mid = "white", high = "#a87963") #ブラウザで表示 condformat2widget(TestHTML) ######## [/code]


出力例

・紹介コマンドを全部適応
https://www.karada-good.net/wp/wp-content/uploads/2017/01/condformat.html


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク