Rでコマンド:Flickr APIからデータを取得するコマンド例

Rの解析に役に立つ記事

写真の共有サイトFlickrからAPIを利用してデータを取得するコマンド例です。写真の位置データを取得し地図上にポイントで示す内容です。

なお、地図の描写には「ggmap」パッケージ、画像の表示には「magick」パッケージを利用しています。

 ・Rで解析:GoogleMapやStamenMapを利用「ggmap」パッケージ
  https://www.karada-good.net/analyticsr/r-216
 ・Rで解析:画像操作の進化「magick」パッケージ
  https://www.karada-good.net/analyticsr/r-531

実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.4で確認しています。


スポンサーリンク

Flickr APIの取得

Yahoo IDが必要です。もしIDを持っていなくともFlickrアカウントの取得過程で取得を促されます。Flickr APIは非常に簡単に取得ができます。Flickrアカウントを取得後、画像赤枠内を選択し、表示される項目を入力するだけです。

・Flickr API Servics
 https://www.flickr.com/services/api/


実行コマンド

詳細はコメント、各パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージのインストール
install.packages("ggmap")
install.packages("RCurl")
install.packages("jsonlite")
install.packages("stringi")

#パッケージの読み込み
library("ggmap")
library("RCurl")
library("jsonlite")
library("stringi")

#flickrで取得したAPIKeyを設定
APIKey


実行結果

・get_googlemapコマンド

・参考_写真の取得
 


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました