Rで解析:GitHubのパッケージを簡単に試せます「ghit」パッケージ

Rの解析に役に立つ記事

一時フォルダを作成し、GitHubのパッケージを試すことができるパッケージです。インストール先が一時フォルダなので、既存のパッケージ依存関係を維持したい方へオススメです。

unlinkコマンドを使用することで、R終了時に自動消去が可能です。

パッケージバージョンは0.2.5。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


スポンサーリンク

パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("ghit")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("ghit")

#一時フォルダを作成
tmp

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました