Rで解析:データ全体とグループの傾向把握に役に立ちます「wrightmap」パッケージ


データ全体とグループの傾向を図式化して把握するのに便利なパッケージの紹介です。使用して良さが理解出来るパッケージです。なお、RStudioでは図式化が上手くいきません。ぜひ、R単独で実行してみてください。

図から傾向を把握するのに初めは戸惑うかもしれません。でも、慣れると様々な役に立つと思います。

パッケージバージョンは1.2。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
devtools::install_github("david-ti/wrightmap")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("WrightMap")

###データ例の作成#####
n <- 10 TestData <- data.frame(Data1 = sample(1:700, n, replace = TRUE), Data2 = sample(400:800, n, replace = TRUE), Data3 = sample(3:300, n, replace = TRUE)) ######## ###シンボル色用データの作成##### #色の指定 Cols <- c("blue", "red", "green") #作成 ColSetData <- matrix(rep(Cols, nrow(TestData)), byrow = TRUE, ncol = ncol(TestData)) ######## ###シンボル種類用データの作成##### #種類の指定 Pchs <- c(18, 22, 21) #作成 PchsSetData <- matrix(rep(Pchs, nrow(TestData)), byrow = TRUE, ncol = ncol(TestData)) ######## ###グラフのプロット:wrightMapコマンド##### #### ###右グラフの設定##### #### #種類:item.sideオプション;itemModern,itemHistの設定が可能 #横幅:item.propオプション #シンボル色:thr.sym.col.bg,thr.sym.col.fgオプション #シンボルサイズ:thr.sym.cexオプション #シンボル種類:thr.sym.pchオプション #x軸ラベル角度を調整:label.items.srtオプション #x軸ラベルを階段表示:label.items.rowsオプション #### ###左グラフの設定##### #### #種類:person.sideオプション;personHist,personDensの設定が可能 #ラベル:dim.namesオプション #色:dim.colorオプション ###グラフの体裁##### #タイトル:main.titleオプション ###プロット##### wrightMap(thetas = TestData, thresholds = NULL, ###右グラフの設定##### item.side = "itemModern", item.prop = 0.5, thr.sym.col.bg = ColSetData, thr.sym.col.fg = ColSetData, thr.sym.cex = 2, thr.sym.pch = PchsSetData, label.items.srt = 0, label.items.rows = 3, ###左グラフの設定##### person.side = "personHist", dim.names = colnames(TestData), dim.color = Cols, ###グラフの体裁##### main.title = "TEST PLOT") [/code]

出力例

wrightmap


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク