Rで解析:政府統計の総合窓口(e-Stat)データ取得に便利です!「estatapi」パッケージ

Rの解析に役に立つ記事

政府統計の総合窓口(e-Stat)で提供しているデータを取得することができるパッケージの紹介です。APIを直接利用するのも手ですが、やはりパッケージは便利です。

利用に必要なアプリケーションIDの取得や簡単なAPIの利用方法は下記記事を参考にしてください。

・Rで解析:政府統計の総合窓口(e-Stat)のAPIを利用したデータの取得例
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-354/

パッケージバージョンは0.2。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


スポンサーリンク

パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("estatapi")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("estatapi")

#アプリIDの入力
AppID

出力例

・鶏の飼育数と所得の棒グラフを描写
estatR


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました