Rで解析:チャットワークへメッセージを送信、そして取得に便利!「rChatwork」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

チャットワークへRからメッセージの送信。そして、メッセージの取得に便利なパッケージの紹介です。多くの使い道があるのではと思います。

・「rChatwork」パッケージ作者のページ「歩いたら休め」
 http://kiito.hatenablog.com/entry/2016/03/20/161425

なお、利用にはチャットワークへの新規登録とAPI利用申請が必要です。APIは利用申請後、1日で利用できました。
・チャットワークホームページ
 http://www.chatwork.com/ja/

・チャットワークAPI申し込みページ
google短縮URLで表示しています。
 http://goo.gl/JW5nbV

パッケージバージョンは0.1。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
devtools::install_github("takeshi0406/rChatwork")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("rChatwork")

#APItokenを入力:chatworkClient$newコマンド
client <- chatworkClient$new("APItoken")

#チャットルームにメッセージを送信:client$post_messagesコマンド
#ルームIDを設定:room_idオプション
#ルームIDは対象チャットルームURLの#!rid以降の数字です
client$post_messages(message = 'hello chatwork!', room_id = 12345)

#チャットルームのメッセージを取得:client$get_messagesコマンド
#ルームIDを設定:room_idオプション
#ルームIDは対象チャットルームURLの#!rid以降の数字です
client$get_messages(room_id = 12345, force = TRUE)

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク