Rで解析:ランダムな文字データ取得に便利です。「randstr」パッケージ


ランダムな文字列と文字配列の取得に便利なパッケージの紹介です。ランダムな文字データを作成するパッケージは多くの役に立つかと思います。

パッケージバージョンは0.2.0。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("randstr")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("randstr")

#ランダムな文字列と文字の配列を作成:randStrコマンド
#作成する文字列数:nStringオプション
#文字列の最大桁:maxLenオプション
#文字列の最少桁:maxLenオプション
#作成する文字配列の長さ:symbolSetSizeオプション
#文字列で文字間に追加する内容:delimiterオプション
Result <- randStr(nString = 10, maxLen = 30, minLen = 1, distLen = "uniform",
                  stdevLen = 0, symbolSetSize = 10, delimiter = "-")
#結果の構造を確認
#データが2つのlist
str(Result)
List of 2
$ : chr [1:10] "s-p" "r-t-g-e-t-o-p-w-e-w-p-a-w-e-s-r-i-o-r-w" "t-g-o-w-o-g-s-p-e-r-w-g-e" "r-i-g-s-r-g-s-i-r-i-g-t-p-w-t-g" ...
$ : chr [1:10, 1] "w" "i" "e" "t" ...
..- attr(*, "dimnames")=List of 2
.. ..$ : NULL
.. ..$ : chr "V1"
#結果
Result
[[1]]
[1] "s-p"                                                      
[2] "r-t-g-e-t-o-p-w-e-w-p-a-w-e-s-r-i-o-r-w"                  
[3] "t-g-o-w-o-g-s-p-e-r-w-g-e"                                
[4] "r-i-g-s-r-g-s-i-r-i-g-t-p-w-t-g"                          
[5] "o-s-s-i-o-o-w-g-o-i-t-e-p-p-p-p-o-s-r-i-e-t-g-i-o-p-a"    
[6] "e-e-w-g-s-a-t-r-o-w-a-s-w-a-w-s"                          
[7] "p-e-p-p-w-a-i"                                            
[8] "a-g-t-r-t-p-t-g-s-w-a-s-o-s-w-p-p-e-o-t-a-r-p-r-i-o-a-g-p"
[9] "w-a-r-r-g-i-r"                                            
[10] "r-e-r-t-r"                                                

[[2]]
V1 
[1,] "w"
[2,] "i"
[3,] "e"
[4,] "t"
[5,] "g"
[6,] "r"
[7,] "a"
[8,] "p"
[9,] "o"
[10,] "s"

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク