Rで解析:いろいろな色が、イロイロあります!「randomcoloR」パッケージ

Rの解析に役に立つ記事

色は資料の出来を左右するだけでなく、好き・嫌い・憂鬱などの気持ちを表現するなど奥が深いものです。そんな「色」をランダムに作成できるパッケージの紹介です。

実行コマンドで利用している「scales」パッケージの紹介は下記記事となります。色を表現するのにオススメなパッケージです。

・Rで解析:「scales」パッケージ
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-109/

パッケージバージョンは1.0.0。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


スポンサーリンク

パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("randomcoloR")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("randomcoloR")
#色をプロットするのに必要
install.packages("scales")
library("scales")

#ランダムにカラーを取得:distinctColorPaletteコマンド
#参照:http://tools.medialab.sciences-po.fr/iwanthue/theory.php
#取得数を設定:kオプション
CleateCol

出力例

・distinctColorPaletteコマンド
distinctColorPalette

・randomColorコマンド
randomColor


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました