Rで解析:URL文字列の操作が大変便利です!!「urltools」パッケージ


URLは”/”や”:”、”#”そして”?”などのメタ文字を含むので操作が非常に厄介です。そんな文字列を気にせずURLの操作が可能なパッケージの紹介です。なお、MAC環境ではRStudioから利用するとRがクラッシュしますが、Rからの利用は問題ありません。

パッケージバージョンは1.4.0。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("urltools")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("urltools")

#URL例:からだにいいもの「Rの解析に役に立つ記事」一覧
ExURL <- "https://karada-good.net/category/analyticsr?GOOD=KIJI#TEST"

#ドメイン名の表示:domainコマンド
domain(ExURL)
[1] "karada-good.net"

#アンカー名を表示:fragmentコマンド
fragment(ExURL)
[1] "TEST"
#変更も可能
fragment(ExURL) <- "KARADAGOOD"
#確認
ExURL
[1] "https://karada-good.net/category/analyticsr?GOOD=KIJI#KARADAGOOD"

#パラメーターを取得:parametersコマンド
parameters(ExURL)
[1] "GOOD=KIJI"
#変更も可能
parameters(ExURL) <- "KARADA=KIJI"
#確認
ExURL
[1] "https://karada-good.net/category/analyticsr?KARADA=KIJI#KARADAGOOD"

#パラメーターを削除:param_removeコマンド
#複数パラメータの場合はc("X1", "X2", ...)と指定する
param_remove(ExURL, "KARADA")
[1] "https://karada-good.net/category/analyticsr"

#パスの取得:pathコマンド
path(ExURL)
[1] "category/analyticsr"

#ポート番号を取得:portコマンド
ExPortURL <- "https://karada-good.net:80"
port(ExPortURL)
[1] "80"
#変更
port(ExPortURL) <- "36"
#確認
ExPortURL
[1] "https://karada-good.net:36"

#スキームの取得:schemeコマンド
scheme(ExURL)
[1] "https"
#変更
scheme(ExURL) <- "ftp"
#確認
ExURL
[1] "ftp://karada-good.net/category/analyticsr?KARADA=KIJI#KARADAGOOD"

#URL構造を取得:url_parseコマンド
url_parse(ExURL)
scheme          domain port                path   parameter   fragment
1    ftp karada-good.net <NA> category/analyticsr KARADA=KIJI KARADAGOOD

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク