Rでお遊び:Flashでアニメーション!「R2SWF」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

ウェブであまり見なくなったFlashですが、簡単なアニメーションを作成するのにまだまだ有用な技術だと思います。気軽にFlashを作成できる「R2SWF」パッケージを紹介します。

本パッケージで把握しているトラブルとして、直接Flashに変換するswfコマンドでは日本語が文字化けします。また、rasterImageコマンドはFlashファイルに適応されず、塗りつぶしが表示されませんのでご注意ください。

参考に、塗りつぶしにrectコマンドを使用し、作業フォルダに「svgファイル」を出力後、Flashファイルに変換しする実行コマンドを紹介します。

パッケージのバージョンは0.9。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。カラーデータは下記の記事を参照ください。

Rで解析:札幌の景観色70色のカラーパレットデータです。「SAPOcolorData」の紹介
https://www.karada-good.net/analyticsr/r-255/

#パッケージのインストール
install.packages("R2SWF")

実行コマンド

詳細はコメント、その他のコマンドはパッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("R2SWF")

#作業フォルダにsvgファイルを出力
svg("SAPOcolor-%03d.svg", 10, 10)
for(n in 1:70) {
#Macで文字化け防止
#par(family = "HiraKakuProN-W3")
par(mar = c(0, 0, 0, 0))
plot(0:1, 0:1, type = "n", axes = FALSE, xlab = '', ylab = '')
rect(0, 0, 1, 1, col = SAPOcolorData[n, 3])
text(0.13, 0.7,
labels = paste0("No:", n, "\n色名:", SAPOcolorData[n, 2], "\nCode:", SAPOcolorData[n, 3]),
adj = c(0, 0), cex = 4, col = "gray")
}
dev.off()

#変換するファイルリストを作成
SvgFiles <- sprintf("SAPOcolor-%03d.svg", 1:70) #Flashファイルへ変換 svg2swf(SvgFiles, "SAPOcolor.swf", interval = 0.4) ###参考### #末尾にdev.off()コマンドを実行 #直接Flashへ変換するコマンド #swf("ファイル名.swf") #pngやjpegファイルから変換するコマンド #ファイルリストの作成は実行コマンドを参照 #image2swf("変換対象のファイル名リスト", "保存ファイル名.swf", interval = "アニメーションのインターバル") #Flashを埋め込んだHTMLを作成 #swf2html("埋め込むFlashファイル", "保存ファイル名.html", width = 480, height = 480) [/code]


出力例


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク