Rで解析:札幌の景観色70色のカラーパレットデータです。「SAPOcolorData」の紹介


札幌市が公開している「色彩景観基準運用指針」に掲載のカラーチャート70色です。街並みだけではなく、色彩環境にも力を入れている札幌の魅力を資料に反映してみてはいかがでしょうか。資料の魅力がググッと上がるかもしれません。

「色彩景観基準運用指針」では色の指定がマンセル形式だったので、パワーポイントでも使用しやすいように16進数にしたカラーコードをファイル名「SAPOcolorData.rda」にまとめました。なお、rdaファイルはRでデータフレームなどをsaveコマンドで保存することで作成できます。

Rであれば、メニュー「ファイル」、「文書を開く」より、RStudioであればファイルをドラッグすることでrdaファイルを読み込むことができます。

札幌市公開ファイル
色彩景観基準運用指針: https://www.city.sapporo.jp/keikaku/keikan/panfu/panfu.html#shikisai
カラーチャート: https://www.city.sapporo.jp/keikaku/keikan/panfu/documents/70shokugaiyou.pdf

調べてみると、札幌市以外にも「イメージカラーを公開している市や町」がありました。以外と資料作成に使えるかもしれません。

実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。

SAPOcolorData.rdaファイルのダウンロード

下記よりダウンロードしてください。


カラーチャート

一覧画像と「DTパッケージ」で出力したテーブルを紹介します。
・一覧画像
クリックで大きくなります。
SapporoColor

・「DTパッケージ」で出力したテーブル


実行コマンド

詳細はコメントを確認してください。

#Macで文字化け防止
par(family = "HiraKakuProN-W3")
#プロット準備
par(bg = "#2E2E2E")
par(mar = c(1, 1, 1, 1))
plot(0, 0, type = "n", xlim = c(0, 10), ylim = c(0, 14), axes = FALSE, xlab = '', ylab = '')
#プロット位置の指定
XRange <- rep(1:10, 10)
YRange <- rep(seq(14, 0, by = -2), each = 10)

#プロット
for(n in seq(70)){

  rasterImage(as.raster(SAPOcolorData[n, 3]), XRange[n] - 1, YRange[n] - 1, XRange[n], YRange[n], interpolate = FALSE)
  text(XRange[n] - 1, YRange[n] - 2,
       labels = paste0("No:", n, "\n色名:", SAPOcolorData[n, 2], "\nCode:", SAPOcolorData[n, 3]),
       adj = c(0, -.5), cex = 0.6, col = "#f0f0f0")
  
}

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク