Rでイロ色:手軽にカラーパレットジェネレーター「ColorPalette」パッケージの紹介


これまで、アニメキャラクターの髪の色EBImageで画像で多用されている色コードを抽出する方法などを紹介してきました。

今回、紹介するパッケージは指定した色コードに基づき、補色、4色、色相(グラデーション)の色コードを出力してくれるものです。

パッケージでは色コードを出力するだけだったので、視覚で理解できるように色コードをrasterImageコマンドで描写する実行コマンドを紹介します。

なお、バージョンは1.0-0です。基本とした色は過去に紹介した「ヘスティアのヒモ」です。非常にありがたいパッケージです。

パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

install.packages("ColorPalette", type = "source")

実行コマンドの紹介

詳細はコードのコメントをご覧ください。

#パッケージの読み込み
library("ColorPalette")
#指定した色を元に補色(正反対に位置なる色)でカウント分のカラーパレットを作ります
#正反対に位置なる色なので2色で識別しやすい色を生成します
CountCol <- 2 CColors <- complementColors("#4b61ba", count = CountCol) plot(0:2, 0:2, type = "n", axes = FALSE, xlab = "", ylab = "") box() rasterImage(CColors, 0, 0, 1, 2, interpolate = FALSE) text(x = 1.5, y = seq(1/CountCol, 2 - 1/CountCol, len = CountCol), rev(CColors)) #指定した色を元に4色の組み合わせでカウント分のカラーパレットを作ります CountCol <- 4 TColors <- tetradicColors("#4b61ba", count = CountCol) plot(0:2, 0:2, type = "n", axes = FALSE, xlab = "", ylab = "") box() rasterImage(TColors, 0, 0, 1, 2, interpolate = FALSE) text(x = 1.5, y = seq(1/CountCol, 2 - 1/CountCol, len = CountCol), rev(TColors)) #指定した色を元にカウント分の色相(グラデーション)でカラーパレットを作ります #カウント数を指定 CountCol <- 5 GMColors <- generateMonochromaticColors("#4b61ba", CountCol) plot(0:2, 0:2, type = "n", axes = FALSE, xlab = "", ylab = "") box() rasterImage(GMColors, 0, 0, 1, 2, interpolate = FALSE) text(x = 1.5, y = seq(1/CountCol, 2 - 1/CountCol, len = CountCol), rev(GMColors)) [/code]


出力例

パレット横の数字はカラーコードです。
<ヘスティアのヒモの色>
ヘスティアのひも
<complementColors>
CColors
<tetradicColors>
TColors
<generateMonochromaticColors>
GMColors


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク