Rで解析:配列の操作が便利になります「gapfill」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

array classの操作が便利になるパッケージの紹介です。配列をヒートマップで表現するコマンドも収録されています。データの特徴を把握するのに便利です。

パッケージバージョンは0.9.3。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.4で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("gapfill")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド内を確認ください。

#パッケージの読み込み
library("gapfill")

###データ例の作成#####
TestData <- array(data = 1:10, dim = c(2, 2, 2, 2)) , , 1, 1 [,1] [,2] [1,] 1 3 [2,] 2 4 , , 2, 1 [,1] [,2] [1,] 5 7 [2,] 6 8 , , 1, 2 [,1] [,2] [1,] 9 1 [2,] 10 2 , , 2, 2 [,1] [,2] [1,] 3 5 [2,] 4 6 ######## #配列を行列に変換:Array2Matrixコマンド Array2Matrix(a = TestData) [,1] [,2] [,3] [,4] [1,] 1 5 9 3 [2,] 2 6 10 4 [3,] 3 7 1 5 [4,] 4 8 2 6 #配列からデータを個別に抽出:ArrayAroundコマンド #データを取り出す位置を指定:mpオプション;c(列,行,次元,次元) #データを取り出す範囲を指定:sizeオプション;c(列,行,次元,次元) #例はTestData[1:2, 1, 1:2, 2]と同じ ArrayAround(data = TestData, mp = c(1, 1, 2, 2), size = c(1, 0, 1, 0)) , , 1, 1 [,1] [1,] 9 [2,] 10 , , 2, 1 [,1] [1,] 3 [2,] 4 attr(,"mp") [1] 1 1 2 1 #配列をプロット:Imageコマンド #色の設定:colオプション #欠損値の色:na.valueオプション Image(TestData, col = fields::tim.colors(1000), na.value = "black") #指定したデータの範囲以外を置換:Gapfillコマンド #データの範囲を指定:clipRangeオプション GetGap <- Gapfill(TestData, clipRange = c(3, 10)) $fill , , 1, 1 [,1] [,2] [1,] 3 3 [2,] 3 4 , , 2, 1 [,1] [,2] [1,] 5 7 [2,] 6 8 , , 1, 2 [,1] [,2] [1,] 9 3 [2,] 10 3 , , 2, 2 [,1] [,2] [1,] 3 5 [2,] 4 6 $mps integer(0) $time $time$start [1] "2016-05-05 22:56:12 WIT" $time$end [1] "2016-05-05 22:56:12 WIT" $time$elapsedMins Time difference of 1.17143e-05 mins $time$elapsedSecsPerNA Time difference of Inf secs $call Gapfill(data = TestData, clipRange = c(3, 10)) #プロット Image(GetGap$fill) [/code]


出力例

・Imageコマンド
Image

・Gapfillコマンドで操作後にImageコマンド
Gapfill


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク