Rで解析:パッケージの関連を把握する「miniCRAN」パッケージ


ローカルにパッケージインストール環境を構築するだけでなく、依存関係を表示するパッケージの紹介です。記事では依存関係に着目し紹介します。

パッケージバージョンは0.2.6。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.5のR version 3.3.0で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("miniCRAN")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("miniCRAN")

#特定パッケージの依存パッケージを調査:pkgDepコマンド
#パッケージ名を指定:pkgオプション
#パッケージを指定
PkgName <- "scales" pkgDep(pkg = PkgName) [1] "scales" "RColorBrewer" "dichromat" "plyr" [5] "munsell" "labeling" "Rcpp" "colorspace" [9] "digest" "crayon" "praise" "magrittr" [13] "R6" "jsonlite" "rex" "httr" [17] "withr" "memoise" "mime" "curl" [21] "openssl" "lazyeval" "testthat" "covr" #依存関係をグラフで表示:makeDepGraphコマンド #Enhances dependenciesを表示:enhancesオプション;初期値FALSE #igraphパッケージが必要なのでインストール install.packages("igraph") #パッケージを指定 PkgName <- c("scales") #コマンドを実行 PlotData <- makeDepGraph(pkg = PkgName, suggests = TRUE, enhances = TRUE) #データをプロット plot(PlotData, legendPosition = c(-1, 1), vertex.size = 20) [/code]


出力例

・makeDepGraphコマンド
miniCRAN


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク