Rで解析:画像処理に役に立つかも「OpenImageR」パッケージ


「magick」パッケージがあれば必要ないかもしれませんが画像処理の1つの手段として紹介です。

・「magick」パッケージの紹介
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-531/
 
なお、使用した画像は2017年1月7日から放送している「亜人ちゃんは語りたい」の公式Twitterロゴです。登場人物の表情が豊かでほっこりしたい方におススメな内容です。なお、Amazonプライムでも視聴可能です。

・亜人ちゃんは語りたい公式サイト
 http://demichan.com/

パッケージバージョンは1.0.3。windows 10のR version 3.3.2で動作を確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("OpenImageR")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("OpenImageR")

#jpeg,png,tiffファイルの読み込み:readImageコマンド
#ファイルを指定
library("tcltk")
Path <- paste0(as.character(tkgetOpenFile(title = "画像ファイルを選択",
                                          filetypes = '{"画像ファイル" {".*"}}',
                                          initialfile = c("*.*"))))
ImageTest <- readImage(Path)
#画像サイズを確認
dim(ImageTest)
[1] 400 400   3

#画像を表示:imageShowコマンド
imageShow(file_path = ImageTest)

#作業フォルダに画像を書き出し:writeImageコマンド
#jpeg,png,tiffファイルの指定が可能,ファイル名で指定
writeImage(data = ImageTest, file_name = "Test.tiff")

#グレースケール化:rgb_2grayコマンド
GrayImage <- rgb_2gray(RGB_image = ImageTest)
imageShow(file_path = GrayImage)

#切り抜き:cropImageコマンド
#幅を指定:new_widthオプション
#高さを指定:new_heightオプション
#範囲を指定:typeオプション;equal_spaced:画像の中心から指定,user_defined:範囲を指定
CropTest <- cropImage(image = ImageTest, new_width = 200:300, new_height = 200:300, type = "user_defined")
imageShow(file_path = CropTest)

#反転:flipImageコマンド
#向きを指定:modeオプション;horizontal:水平,vertical:垂直
FlipTest <- flipImage(image = ImageTest, mode = "vertical")
imageShow(file_path = FlipTest)

#回転:rotateImageコマンド
#保管方法の指定:methodオプション;nearest,bilinearの指定が可能
#回転後のサイズ:modeオプション;same:処理前と同じ,full:元サイズ内に収める
RotateTest <- rotateImage(image = ImageTest, angle = 45,
                          method = "bilinear", mode = "full")
imageShow(file_path = RotateTest)

#エッジの抽出:edge_detectionコマンド
#抽出方法の指定:methodオプション;Frei_chen,LoG,Prewitt,Roberts_cross,Scharr,Sobelの指定が可能
#その他設定はヘルプを参照
EdgeTest <- edge_detection(image = ImageTest, method = "Frei_chen", conv_mode = "full")
imageShow(file_path = EdgeTest)

#ガンマ値の調整:gamma_correctionコマンド
GammaTest <- gamma_correction(image = ImageTest, gamma = 1)
imageShow(file_path = GammaTest)

#モルフォロジ処理:delationErosionコマンド
#処理方法の指定:methodオプション;delation,erosionの指定が可能
#処理範囲を指定:Filterオプション
DelationTest <- delationErosion(image = ImageTest, Filter = c(4, 4), method = "erosion")
imageShow(file_path = DelationTest)

出力例

・画像を表示:imageShowコマンド

・グレースケール化:rgb_2grayコマンド

・切り抜き:cropImageコマンド

・反転:flipImageコマンド

・回転:rotateImageコマンド

・エッジの抽出:edge_detectionコマンド

・モルフォロジ処理:delationErosionコマンド


あなたの解析がとっても楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク