Rで解析:コードの処理内容をインタラクティブに視覚化「profvis」パッケージ


コードの処理内容をインタラクティブに視覚化するパッケージの紹介です。本パッケージを利用する際にはRStudioからの利用がおすすめです。

パッケージバージョンは0.3.3。RStudioのversion 1.0.44、windows 10のR version 3.3.2で動作を確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("profvis")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("profvis")

#処理内容を視覚化:profvisコマンド
#オプションはヘルプを参照してください
#特に指定しなくても使用が可能です
profvis("可視化したい処理内容を記述")

#以下,使用例と結果をHTMLで保存するコマンド
OutputData <- profvis({ ###データ例の作成##### n <- 50000 TestData <- data.frame("Group" = sample(paste0("Group", 1:3), n, replace = TRUE), "Data1" = sample(rnorm(10), n, replace = TRUE), "Data2" = sample(LETTERS[1:10], n, replace = TRUE), "Data3" = sample(rnorm(10), n, replace = TRUE)) ######## #エクセルファイルで出力した場合のサイズ #openxlsxパッケージを利用した場合 #install.packages("openxlsx") library("openxlsx") write.xlsx(TestData, file = "Test.xlsx", sheetName = "TestData") }) #結果を作業フォルダへ保存 #install.packages("htmlwidgets") library("htmlwidgets") saveWidget(OutputData, "OutputData.html") [/code]

出力例

使用例と結果をHTMLで保存するコマンドの出力結果です。なお、インタラクティブに操作が可能です。


あなたの解析がとっても楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク