Rで解析:インタラクティブなタイムラインの作成「vistime」パッケージ


plotlyを利用したインタラクティブなタイムラインを作成するパッケージの紹介です。なお、各シンボルにカーソルを合わせるとツールチップで情報が表示されます。

いくつかplotlyを利用したパッケージを紹介していますので『からだにいいもの』を検索してみてください。

パッケージバージョンは0.2.0。windows 10のR version 3.3.2で動作を確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("vistime")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("vistime")

###データ例の作成#####
TestData <- data.frame("Group" = c(paste0("Group", 1:3), rep("Point", 3)), "Event" = LETTERS[1:6], "start" = c("2017-01-01", "2017-02-01", "2017-03-01", "2017-02-01", "2017-02-01", "2017-04-01"), "end" = c("2017-01-15", "2017-02-20", "2017-03-15", NA, NA, NA), "colors" = c("#cbb69d", "#4b61ba", "#c69c6e", "#603913", "#a87963", "#ffdd99")) ######## #インタラクティブなタイムラインを作成:vistimeコマンド #データを指定:dataオプション #イベント名を指定:eventsオプション #グループ名を指定:groupsオプション #開始時期を指定:startオプション #終了時期を指定:endオプション;NAで点になる #塗色を設定:colorsオプション vistime(data = TestData, events = "Event", groups = "Group", start = "start", end = "end", colors = "colors") [/code]

出力例


あなたの解析がとっても楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク