Rでウェブ解析:繰り返し処理が簡単!apply関数の紹介


繰り返し処理のコマンドにapply関数があります。ベクトル、マトリックス、データフレームに対して処理が可能です。
便利なので紹介します。処理内容はコマンド内を確認してください。

コマンド紹介

#テストデータの作成
TestData <- matrix(rnorm(1000), nrow = 100, ncol = 10)

#apply関数の紹介
#apply(処理するデータ, 列は1、行は2, 処理するコマンド(mean, sd, sumなどの基本コマンドなど))

#列に対する処理, 平均を求める
apply(TestData, 1, mean)

#行に対する処理, 平均を求める
apply(TestData, 2, mean)

#オリジナルの処理, 各数値が全体の平均より大きければ1、小さければ0に変換
apply(TestData, 1, function(x) ifelse(x > mean(TestData), 1, 0))

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク