Rでウェブ解析:NA値取り扱いコマンドの紹介


データの整理で必須のNA値取り扱いコマンドの紹介を紹介します。


コマンドの紹介

内容はコマンド内のコメントを参照ください。

#テストデータの作成
NATestData <- matrix(c(1, 2, 3, 5, 7, NA, 9, 10), nrow = 4, ncol = 2)
TestData <- matrix(c(1, 2, 3, 5, 7, 3, 9, 10), nrow = 4, ncol = 2)

#NAがいくつ含まれているか確認
#1が返されます
sum(is.na(NATestData))

#0が返されます
sum(is.na(TestData))

#多くの関数にはNAを除いて計算するna.rmオプションがあります
#NA値が返されます
sum(NATestData)

#37が返されます
sum(NATestData, na.rm = TRUE)

#NA値を置き換える
NATestData[is.na(NATestData)] <- 3

#置き換え後
NATestData
[,1] [,2]
[1,]    1    7
[2,]    2    3
[3,]    3    9
[4,]    5   10

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク