Rでウェブ解析:ツイート内容に含まれる単語をネットワーク図で表示

Rの解析に役に立つ記事

ツイート内容に含まれる単語の関係(バイグラム)をネットワーク図で示すことができれば面白いかもと思い、RMecab、twitteR、qgraphパッケージを組み合わせコマンドを作成しました。


スポンサーリンク

使用パッケージのインストール

過去記事をご覧ください。

実行コマンドの紹介

コマンドは作成途中にTwitterのアカウントロック騒動がありましたので、キーワード「アカウントロック」で検索し、バイグラムの出現数50以上を図をプロットしてみました。

#ライブラリの読み込み
library("twitteR")
library("RMeCab")
library("wordcloud")
library("RColorBrewer")
library("qgraph")

#情報の入力
consumerKey プロット結果

矢印の色が濃いほど出現数が大きい組み合わせとなります。現在はアカウントロックの問題は解決したようです。
Rplot01


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました