Rとウェブ解析:お手軽!データをネットワークで表示「qgraph」パッケージの紹介


Rにはネットワーク図を作成するパッケージがいくつかあります。その中で、使い勝手が良い「qgraph」を紹介します。直感的に使用できるパッケージです。ぜひ、ヘルプを確認し使用してみてください。データからネットワーク図を作成する事で意外な発見があると思います。


パッケージのインストール

下記のコマンドを実行してください。

###パッケージのインストール#####

install.packages("qgraph")

########

コマンド

例を4つ紹介します。詳細はコメント並びにパッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("qgraph")

###例1#####

#データの読み込み
data(big5)
data(big5groups)

#big5のデータの相関を求め、big5groupsデータでグループ分類
#なお、グループ分類データは、行で指定したリスト形式
Q <- qgraph(cor(big5), minimum = 0.25, cut = 0.4, vsize = 1.5, groups = big5groups, legend = TRUE, borders = TRUE) #必要があればタイトルをプロット #title("Big 5 相関", line = 2.5) ###例2-1##### #変数に格納する事で二次利用が可能です。 Q <- qgraph(Q, layout = "spring") ###例2-2##### #PCAのプロットで良くある表現、グループの範囲を表示 qgraph(Q, overlay = TRUE) ###例3##### #こんなグラフも描写できます。 #方向は行から列にデータを入力です。コマンド実行後adjを確認してください。 set.seed(1) adj <- matrix(sample(0:1, 10^2, TRUE, prob = c(0.8, 0.2)), nrow = 10, ncol = 10) Q <- qgraph(adj) ###例4##### #サブプロットをリストに格納 qgraph(matrix(1, 3, 3), subplots = list(expression(curve(dgamma(x, 2, 2), 0, 4, main = "")), expression(hist(rnorm(100), main = "")), NULL), vsize = 20) [/code]


プロット内容

例1

例2-1

例2-2

例3

例4


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク