Rで解析:3要素の関係を示す!三角ダイアグラムをプロット「ggtern」パッケージ

Rの解析に役に立つ記事

3要素と限定的になりますが、相対的な割合を表現する図として薬学、化学、遺伝学、ゲーム理論、鉱物学などでは三角ダイアグラム(ternary diagrams)が利用されています。有効な三角ダイアグラムですが、Rでの作成方法を日本語で紹介した例が少ないです。

そこで、ggplot2を通じて三角ダイアグラムを手軽にプロットできる「ggtern」パッケージを紹介します。ggplot2の拡張パッケージですのでプロットの装飾コマンドが共通しています。

パッケージバージョンは2.1.0。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


スポンサーリンク

パッケージのインストール

#パッケージのインストール
install.packages("ggtern")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#ライブラリの読み込み
library("ggtern")

###データ例の作成#####
TastData

出力例

・ggternコマンド
ggtern

・theme_rotateコマンド
theme_rotate

・theme_showarrowsコマンド
theme_showarrows

・stat_density_ternコマンド
stat_density_tern

・geom_Tmark,_Lmark,_Rmark,_crosshair_ternコマンド
TerDiaPoint

・geom_Tisoprop,geom_Lisoprop,geom_Risopropコマンド
TLRTerDiaPoint


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました