Rで解析:レパートリー・グリッドを作成・解析「OpenRepGrid」パッケージ


市場調査や心理学などで使用されるレパートリー・グリッドを作成・解析するパッケージの紹介です。

レパートリー・グリッドを初めて聞きました。
どのようなデータが解析対象となるのか解らなかったので、下記論文のFig4のデータを参考にしています。

・阿部ひと美・今井正司・根建金男(2013)
 レパートリー・グリッド法を適用してとらえた社会不安の特徴
 パーソナリティ研究, 21, 203-215.
 https://www.jstage.jst.go.jp/article/personality/21/3/21_203/_pdf
 

論文でも主張されていますが、レパートリー・グリッドは大変可能性があるツールだと考えます。

なお紹介していませんが、テキストファイルなどからレパートリー・グリッドのデータを読み込むコマンドがパッケージに収録されています。パッケージヘルプだけでなくOpenRepGrid公式ページも参考にしてください。

・OpenRepGrid公式ページ
 http://docu.openrepgrid.org/index.html

パッケージバージョンは0.1.10。windows 10のR version 3.3.2で動作を確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("OpenRepGrid")

コマンドの紹介

詳細はコマンド、各パッケージのヘルプを確認してください。

library("OpenRepGrid")

#レパートリー・グリッドの作成とスケールの設定:makeRepgrid,setScaleコマンド
TestData <- list( name = c("初対面の異性と話す", "初対面の同姓と話す", "人前で発表する", "よく知らない人に電話をかける", "グループの中で自分の意見を言う", "授業中に先生に質問をする", "誰かを誘おうとする", "親しくない人に頼みごとをする", "権威のある人と話す", "重要な試験を受ける", "学食やレストランで食事をする", "友人に電話を掛ける", "盛り上がって輪の中に入る", "親しくない人と話す", "親しい友人と話す"), l.name = c("緊張する", "自分がどう思われているか気になる", "自信がない", "苦手である", "避けようとする", "難しい", "消極的である", "態度がぎこちない", "パニックになる", "頭が混乱する", "表情がこわばる", "つまらない", "口ごもる", "言いたいことが言えない"), r.name = c("リラックスする", "自分がどう思われようと気にしない", "自信がある", "得意である", "進んで取り組む", "たやすい", "積極的である", "自然な態度", "落ち着いている", "頭がはっきりしている", "表情が自然", "よくしゃべる", "楽しい", "はきはきと話す", "言いたいことが言える"), scores = c(1, 1, 1, 1, 2, 1, 1, 1, 3, 2, 5, 3, 3, 3, 6, 3, 3, 2, 4, 3, 3, 2, 3, 4, 4, 5, 3, 3, 2, 3, 2, 2, 3, 2, 3, 3, 2, 3, 4, 4, 4, 4, 2, 2, 4, 2, 2, 3, 1, 3, 2, 1, 3, 4, 4, 3, 3, 2, 3, 4, 4, 4, 2, 1, 2, 2, 2, 3, 3, 4, 4, 3, 3, 6, 6, 3, 3, 2, 2, 2, 2, 2, 3, 4, 3, 5, 3, 3, 3, 6, 3, 3, 3, 3, 3, 2, 2, 3, 1, 4, 4, 3, 3, 4, 6, 3, 3, 3, 2, 3, 3, 3, 2, 3, 4, 5, 5, 4, 4, 7, 3, 3, 2, 2, 3, 3, 3, 3, 3, 4, 4, 4, 4, 3, 7, 2, 2, 1, 3, 3, 3, 3, 3, 3, 6, 4, 5, 4, 3, 6, 1, 1, 2, 3, 3, 3, 4, 3, 3, 1, 4, 6, 6, 6, 7, 2, 2, 6, 4, 4, 5, 5, 5, 3, 1, 4, 6, 5, 4, 7, 4, 4, 4, 4, 4, 4, 4, 4, 4, 4, 5, 6, 6, 4, 7, 2, 2, 5, 5, 5, 3, 3, 6, 5, 4, 4, 6, 5, 6, 6, 2, 2, 7, 5, 5, 3, 3, 3, 2, 4, 4, 7, 4, 4, 6)) #グリッドの作成:makeRepgridコマンド TestGrid <- makeRepgrid(TestData) #スケールの設定:setScaleコマンド TestGrid <- setScale(TestGrid, 1, 7) #グリッドの表示 TestGrid ######## #グリッドデータの統計情報を表示:statsConstructsコマンド #コンストラクトの文字表示数:trimオプション #項目番号の表示:indexオプション Result <- statsConstructs(TestGrid, trim = 10, index = TRUE) #class確認 class(Result) [1] "statsConstructs" "data.frame" #結果を表示 Result #################################### Desriptive statistics for constructs #################################### vars n mean sd median trimmed mad min max range skew kurtosis se (1) 緊張する - リラックス 1 15 2.27 1.58 2 2.08 1.48 1 6 5 1.01 -0.12 0.41 (2) 自分がどう - 自分がどう 2 15 3.13 0.83 3 3.08 0.00 2 5 3 0.47 -0.41 0.22 (3) 自信がない - 自信がある 3 15 2.93 0.88 3 2.92 1.48 2 4 2 0.12 -1.79 0.23 (4) 苦手である - 得意である 4 15 2.67 0.98 3 2.69 1.48 1 4 3 -0.22 -1.11 0.25 (5) 避けようと - 進んで取り 5 15 3.27 1.44 3 3.23 1.48 1 6 5 0.51 -0.67 0.37 (6) 難しい - たやすい 6 15 3.07 1.16 3 2.92 1.48 2 6 4 1.15 0.47 0.30 (7) 消極的であ - 積極的であ 7 15 3.13 1.13 3 3.08 0.00 1 6 5 0.60 0.87 0.29 (8) 態度がぎこ - 自然な態度 8 15 3.60 1.30 3 3.46 1.48 2 7 5 1.07 0.65 0.34 (9) パニックに - 落ち着いて 9 15 3.40 1.18 3 3.23 0.00 2 7 5 1.67 3.00 0.31 (10) 頭が混乱す - 頭がはっき 10 15 3.40 1.40 3 3.38 1.48 1 6 5 0.48 -0.61 0.36 (11) 表情がこわ - 表情が自然 11 15 3.53 1.96 3 3.46 1.48 1 7 6 0.30 -1.26 0.51 (12) つまらない - よくしゃべ 12 15 4.20 1.66 4 4.23 1.48 1 7 6 -0.30 -0.89 0.43 (13) 口ごもる - 楽しい 13 15 4.53 0.99 4 4.38 0.00 4 7 3 1.36 0.27 0.26 (14) 言いたいこ - はきはきと 14 15 4.47 1.41 5 4.54 1.48 2 6 4 -0.51 -1.20 0.36 (15) 緊張する - 言いたいこ 15 15 4.07 1.67 4 4.00 1.48 2 7 5 0.42 -1.08 0.43 #コンストラクト間の相関を計算:constructCorコマンド #計算方法を指定:methodオプション;"pearson","kendall","spearman"の指定が可能 CorResult <- constructCor(TestGrid, method = "spearman") #class確認 class(CorResult) [1] "constructCor" "matrix" #結果を表示 CorResult #RMS相関を計算:constructRmsCorコマンド constructRmsCor(TestGrid) ########################################## Root-mean-square correlation of constructs ########################################## RMS (1) 緊張する - リラックスする 0.64 (2) 自分がどう思われているか気になる - 自分がどう思われようと気にしない 0.27 (3) 自信がない - 自信がある 0.46 (4) 苦手である - 得意である 0.45 (5) 避けようとする - 進んで取り組む 0.47 (6) 難しい - たやすい 0.58 (7) 消極的である - 積極的である 0.50 (8) 態度がぎこちない - 自然な態度 0.65 (9) パニックになる - 落ち着いている 0.63 (10) 頭が混乱する - 頭がはっきりしている 0.53 (11) 表情がこわばる - 表情が自然 0.52 (12) つまらない - よくしゃべる 0.40 (13) 口ごもる - 楽しい 0.59 (14) 言いたいことが言えない - はきはきと話す 0.41 (15) 緊張する - 言いたいことが言える 0.39 Average of statistic 0.5 Standard deviation of statistic 0.1 #コンストラクト,エレメント間の距離を計算:distanceコマンド #計算方法を指定:dmethodオプション;"euclidean","maximum","manhattan", #"canberra","binary","minkowski"が指定可能 #距離の対象を指定:alongオプション;1:コンストラクト,2:エレメント distance(TestGrid, along = 2, dmethod = "euclidean") #主成分分析を実施:constructPcaコマンド constructPca(TestGrid, nf=3) ################# PCA of constructs ################# Number of components extracted: 3 Type of rotation: varimax Loadings: RC1 RC2 RC3 緊張する - リラックスする 0.79 0.30 0.40 自分がどう思われているか気になる - 自分がどう思われようと気にしない 0.06 -0.31 0.75 自信がない - 自信がある 0.21 0.26 0.89 苦手である - 得意である 0.36 0.14 0.73 避けようとする - 進んで取り組む 0.87 -0.17 0.04 難しい - たやすい 0.82 0.00 0.43 消極的である - 積極的である 0.77 0.21 0.07 態度がぎこちない - 自然な態度 0.86 0.33 0.25 パニックになる - 落ち着いている 0.88 0.22 0.26 頭が混乱する - 頭がはっきりしている 0.60 0.24 0.49 表情がこわばる - 表情が自然 0.56 0.69 -0.12 つまらない - よくしゃべる 0.15 0.88 -0.19 口ごもる - 楽しい 0.72 0.53 0.11 言いたいことが言えない - はきはきと話す 0.12 0.78 0.28 緊張する - 言いたいことが言える 0.06 0.85 0.14 RC1 RC2 RC3 SS loadings 5.57 3.43 2.76 Proportion Var 0.37 0.23 0.18 Cumulative Var 0.37 0.60 0.78 Warning message: In cor.smooth(r) : Matrix was not positive definite, smoothing was done #クラスター分析を実施:clusterコマンド #距離の計算方法を指定:dmethodオプション;"euclidean","maximum","manhattan", #"canberra","binary","minkowski"が指定可能 #結合方法を指定:cmethodオプション;"ward","single","complete","average", #"mcquitty","median","centroid"が指定可能 cluster(TestGrid, dmethod = "euclidean", cmethod = "complete") #bertinプロットの作成:bertinコマンド #数値の表示:showvaluesオプション #項目番号の表示:idオプション bertin(TestGrid, color = c("white", "#5c463e"), showvalues = TRUE, id = c(FALSE, FALSE)) #クラスタ付きのbertinプロットの作成:bertinClusterコマンド bertinCluster(TestGrid, color = c("white", "#5c463e"), showvalues = TRUE, id = c(FALSE, FALSE), type = "rectangle", align = FALSE, dmethod = c("euclidean", "euclidean"), cmethod = c("complete", "complete"), draw.axis = TRUE) #biplotの作成:biplotSimpleコマンド biplotSimple(TestGrid, c.label.col = "#f5c971") [/code]


出力例

・clusterコマンド

・bertinコマンド

・bertinClusterコマンド

・biplotSimpleコマンド


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!
けものフレンズ、奥が深いです。ぺぱぷらいぶ、気になります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク