Rで解析:Htmlwidgetsをhtmlファイルで保存「widgetframe」パッケージ


Htmlwidgetsを利用したインタラクティブな出力をhtmlファイルで保存するパッケージの紹介です。意外とhtmlでの出力に対応していないパッケージがあるのでおすすめです。iframeでファイルを埋め込むのに便利だと考えます。

・widgetframe公式サイト
 https://rawgit.com/bhaskarvk/widgetframe/master/inst/examples/rmarkdown-website/index.html

紹介では公式サイトで紹介されていない「qtlcharts」パッケージで試しています。

・Rで解析:インタラクティブにデータを探索「qtlcharts」パッケージ
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-516
 
パッケージバージョンは0.1.0。windows 10のR version 3.3.2で動作を確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("widgetframe")
#実行コマンドで利用するパッケージ
install.packages("qtlcharts")

コマンドの紹介

詳細はコマンド、各パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("widgetframe")
library("qtlcharts")

###データ例の作成#####
#ヒートマップ用
n <- 50
m <- 50
TestData <- matrix(rnorm(n * m), ncol = n)
dimnames(TestData) <- list(paste0("ID", 1:m),
                           sample(paste0("Test", 1:10), n, replace = TRUE))
#グループ判別用
TestGroup <- setNames(sample(1:2, m, replace = TRUE), paste0("ID", 1:m))

TEST <- iplotCorr(mat = TestData, group = TestGroup,
                  reorder = FALSE, corr = NULL, chartOpts = NULL, digits = 5)
########

#Htmlwidgetsを作業フォルダに保存:saveWidgetframeコマンド
#ファイル名を指定:fileオプション
#fileオプションで指定した拡張子前の名前のフォルダ内の
#index.htmlという名前のファイルは単独で動作するようです。
saveWidgetframe(widget = TEST, file = "TEST.html", selfcontained = TRUE)

出力例

左のヒートマップをクリックしてみてください。表示される右の散布図もインタラクティブです。


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!幼女戦記、「フィヨルドの攻防」凄いと思います。Los! Los! Los!は血沸き肉踊ります。

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク