Rで解析:楽器のシロフォンに似たプロット?「xyloplot」パッケージ


出現数が一目瞭然なプロットを作成できるパッケージの紹介です。バイオリンプロットに似ています。ヘルプを見ると楽器のシロフォンに似ているので「xyloplot」パッケージのようです。

意外と面白いので紹介します。使用方法は非常に簡単です。

パッケージバージョンは1.5。windows 10のR version 3.3.2で動作を確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("xyloplot")

コマンドの紹介

詳細はコマンド、各パッケージのヘルプを確認してください。なお、塗り色はサーバルちゃんカラーです。

#パッケージの読み込み
library("xyloplot")

###データ例の作成#####
n <- 100
TestData <- data.frame("Group" = sample(paste0("Group", 1:3), n, replace = TRUE),
                       "Data1" = sample(rnorm(10), n, replace = TRUE),
                       "Data2" = sample(LETTERS[1:24], n, replace = TRUE))
########

#xyloplotsの作成:xyloplotコマンド
#データ指定:xオプション
par(mfrow = c(1, 3))
for(i in seq(ncol(TestData))){
  xyloplot(x = TestData[, i], col = c("#fef0e7", "#5c463e", "#f5c971"))
}

出力例

・xyloplotコマンド


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!ブレッシング!!アクシズ教徒、最高です。

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク